今後需要が拡大する領域に挑戦しませんか?在宅医療に携わる

将来開業を考えている

2025年に向けて、「病院から在宅へ」という1つの大きなテーマが掲げられています。
2006年の診療報酬改定から、随時訪問診療に対する評価が行われています。高い評価をされる訪問診療は、クリニック経営にとっても非常に重要な要素。開業医の多くが訪問診療に取り組み始めています。
開業前に、実際に訪問診療を経験しておくことが、将来の開業に向けて大きな経験となることは間違いありません。

全人的にケアする医療に携わりたい

訪問診療に従事している先生はよく「患者だけでなく、その家族との関係性も構築できて、病院勤務時代より医師としての喜びを感じている」というようなことをおっしゃります。患者の自宅にお伺いすることで、病院勤務とは違う患者との関係性を構築できることが、訪問診療の大きなメリットともいえます。

紹介事例

訪問診療中心の生活へ。ハードな勤務だがやりがいを感じる日々(50代 男性 呼吸器内科)2016.08.10

療養病院勤務から在宅医療へのキャリアチェンジ。仕事は忙しくなったがやりがいのある仕事に満足続きを見る
医師の求人情報を見てみる▼