アクティブシニアのワークライフバランスを考えるシニア世代のキャリアチェンジ

定年のない医療機関で働きたい

公的病院や大学病院などでは定年の制度を設けている病院が数多く見られますが、民間の医療機関には定年のない医療機関も多数存在しており、60代以上の先生が活躍しています。「生涯現役」を考えている先生は、50代後半から定年のない病院への転職活動をご検討ください。

ハードな勤務を抑えて年齢に応じた働き方がしたい

どんなに体力がある先生でも、50代になると当直やオンコールが頻繁にある勤務が辛くなってきます。50代以上の先生には当直免除などの制度を設けている医療機関もあるので、60代・70代になっても働けるようなワークスタイルへの変更を検討してみてはいかがでしょうか?

趣味の時間や・パートナーとの時間を大切にしたい

子供の手も離れてきたら、趣味の時間や夫婦で過ごす時間を大切にしたいと考えている先生には、週4日勤務など、オフの時間を多く取れるワークスタイルをオススメします

紹介事例

50代で小児科から精神科への転科(50代 男性 小児科⇒精神科)2015.09.13

元々は小児科医がメインだった医師が精神科への転科を決意。 精神科は外来だけ行っていた状況から、精神病院への転職を成功させました。続きを見る

院長職の経験を活かし、クリニックの立ち上げに携わる(70代 男性 在宅診療)2015.09.13

1度転職を成功させたが、医療機関側の諸事情で再度転職が必要となった先生の体験談アンケートです。 70代という高齢での転職活動ですが、ご自身の経験を活かして転職を成功させました。続きを見る
医師の求人情報を見てみる▼