エージェントが選んだ おすすめ求人特集おすすめ特集をすべて見る

【在宅医療に携わる】診療報酬改定の影響は?訪問診療案件特集です。
2016.03.14

佐藤 太輝
福岡支社(7月より赴任)
常勤・定期担当

2016年度診療報酬改定でも大きく変動する訪問診療。
それにより各医療機関でも求人募集に変動がみられています。

在宅医療専門という医療機関が認められた事、その要件として居宅患者が30%以上・要介護3以上+医療依存度の高いケースの患者が50%以上等とする事、月1回の訪問診療でも医学総合管理料の算定が認められた事等、前回の改定の流れと同様、施設診療に特化している医療機関は今後ますます厳しくなってくることが想定されます。
各医療機関に伺っても、大きく売上が下がり混乱している医療機関、影響は少なく寧ろ今回の改定は真っ当な内容として評価している医療機関と二分されている印象です。

当然診療報酬改定は求人状況も大きく左右します。特に非常勤の募集ではそれが顕著です。
そのため以前のようなとにかく人手不足を理由とした10万円/回以上の高額案件は少なくなってきています。
今後も各医療機関により募集状況は大きく変わっていくと想定されます。

現状では急遽募集を取りやめしている医療機関も続出しておりますが、今回はそうした状況下でも募集がある医療機関をピックアップいたしました。
長期的な雇用を考えているため、安定していると言えるタイプの内容です。
地域の核となる訪問診療を構築するため体制強化をしたいとの求人募集となります。

是非ご検討ください。
 

おおすすめ求人情報