全社員が医療経営士資格保持

エムステージのエージェントは、全員医療経営士の資格を取得しています。

医療経営士に求職相談するメリット1経営陣と同レベルで話せる有資格者だからこその高い交渉力

「医療経営士」とは医療機関マネジメントのプロフェッショナル育成のために作られた民間資格です。
医療経営に精通した人材である証明となるため、医療機関の経営陣にも一目置かれる存在となっています。
エムステージが医療機関との高い交渉力を持つのは、9割以上の社員が医療経営士を取得しているからです。合格率22.8%の2級医療経営士も17名在籍しています。
求人票通りに決まらない医師の転職だからこそ、交渉力の高い医療経営士に相談することが、先生の転職活動を成功させるカギとなります。

医療経営士に求職相談するメリット2医療機関の7割は赤字経営!?転職先選びには経営的視点が必要不可欠です

2000年以降病院の倒産は100件以上、施設変更やグループ内の病院閉鎖を含めると、700病院がなくなっています。 7割の病院が赤字経営という調査結果もあり、多くの病院が苦しい経営事情にあります。 転職を考える先生方にとって、転職後の倒産はもちろんのこと、経営方針の変更やM&Aなどで医療機関の経営方針の転換が起こると、再度転職活動を行わざるを得なくなることもあります。 医療経営士は、医療経営のスペシャリストとして認められた有資格者です。病院の現状から将来まで見越した求人提案を行い、医療機関の経営悪化や方針転換のリスクを排除することが可能です。

Voice of 医療経営士

医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
私は弊社社員の業務レベルの向上、より良いサービス提供のための改善などを指導する立場にいます。
社員を指導する上で心掛けている事は、変化を見逃さず将来を予測した業務を行う事です。超高齢化社会に突入し、医療の在り方が今後大きく変わる事は良く知られていますが、それに伴い、行政の施策の変化、各医療機関の機能の変化、それに呼応して医師の業務内容にも変化が生じています。
医師に求める業務は将来的にも変わらないか?提案する医療機関は経営的に機能的に問題はないか?などを、全ての社員が判断出来るレベルにする必要があり、その過程で医療経営士としての知識を活用しています。
地域の医療機関分布と相関性、診療実績データ等から客観的に判断できるように指導し、各エージェントがエビデンスに基づいた紹介業務を行うように心がけています。
また、医療機関担当者においては、医療機関の生の声を含めて聴く際に、的確に質問し必要十分な情報が得られるレベルであるように指導しています。

先生も医療機関も大事なお客様です。
どちらに肩入れする訳でなく、客観性、中立性を保ちながら、全ての社員が双方に喜ばれる仕事が出来るコンサルタントであるように心がけています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
各医療機関の機能が大きく変容するという事は、今まで潤沢にあった、ある医師のポジション(役割)が減少し、違うポジションに移る変化の時代です。少なく なるポジションを今まで通り進むのであれば、それなりの競争に勝つ事が必要であり、違うポジションに移る場合は、本当に自分に適しているかの判断が重要に なります。このような変化する時代においては、単なる求人内容だけでなく、自身の将来像をイメージしながら、現況からそこに至るまでを客観視出来る情報収 集が大事かと思います。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
私は現在、常勤・非常勤でお探しの先生方のお手伝いをさせていただいております。その中で日々実感することは先生方に取り最適のマッチングとは条件面の調整やすりあわせだけではないということです。先生方により様々なご事情があります。重視すべきことは何か、そのためにどのような交渉を医療機関と行うべきか、先生の「エージェント」として多岐にわたる交渉力と情報収集力が必要と思っております。そのためには医療機関の現在と将来像を見極める眼力が必要となります。求人情報だけでなく、医療機関の経営情報や日々変化する世の中の情勢を把握し医療機関の将来像まで見極める力です。その将来像が先生方のキャリアプランと合致しているかを提案することが「エージェント」として求められる事と思っております。医療経営士取得の際に学んだこと、取得後に得た知識や情報を活かし、また今後も学んでいきながら業務に取り組んでまいりたいと思っております。
求職活動を行う先生へのアドバイス
私たちは先生方が入職して頂くことが目的ではなく、長く活躍頂ける事を目的として情報収集やご提案をさせていただいております。そのためにご転職を検討されるきっかけやご入職後のキャリアプランを共有させていただき情報を出来るだけ広く収集しております。どんな情報でも収集してまいりますのでお気軽にご相談ください。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
2025年に向けて、国は今、社会保障を充実させた「地域包括ケアシステム」の構築をめざし、動き出しています。それにともない、地域医療の提供体制も大きく変わり出してきています。地域にある病院が明確に役割分担して連携することで、地域完結型医療体制を作り、高度急性期から急性期、回復期、慢性期、在宅までを切れ目なく繋いでいこうとしている今、多くの医療機関が地域における自院の立ち位置を考え、自らの病院機能を「選択」することが迫られています。各病院が、どのように悩み、選び、歩んでいこうとしているのか。その辺りの情報もしっかりと把握するようにしています。また、「ヒト・モノ・カネ・情報」という4つの経営資源に対する見識を深め、病院経営に精通した採用エージェントとして、医療機関・医師の価値を高める採用支援が行えるように心がけています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
メディカルステージのエージェントは全員が『医療経営士』の資格を有し、病院経営に精通したメンバーが先生の求職支援をさせていただいております。表面的な情報だけにとらわれず、病院経営に精通した医師専門エージェントと一緒に、5年後・10年後のご自身のキャリアプランも見越したスマートな求職活動を実現して下さい。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
国は2025年モデルの実現に向けて、各医療機関の病床機能分化をはじめとした医療政策を進めています。一方で常勤転職をお考えの先生から”現勤務先の医療機関の方向性と、自分自身が目指す方向性に隔たりが生まれ始めた。”とお聞きすることは少なくありません。先生方の声に我々がお応えするためには、先生のご希望をお伺いした上で、各々の医療機関がおかれている現状、医療圏のなかで果たすべき役割、国の医療政策を、理解・分析し、先生方に納得いただけるまでお話しする事が重要と捉えています。また、先生方には、医療経営データに基づいた客観的な情報提供もあわせて行い、より安心して継続勤務して頂けるようサポートしております。医療情報から経営情報まで刻々と変化する情報を的確に理解するには基礎的な知識、最新の動向把握が欠かせないため、医療経営士取得後も常に情報のアップデートを心がけています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
先生方の転職理由はおひとりずつ千差万別です。転職を考えるに至った環境や背景を知ることが重要と考えていますので、常勤転職希望の先生方に私は直接お会いしお話をお伺いしております。ご希望に沿ったご提案をするために、候補の医療機関について現状だけで判断するのではなく、未来を見据えて勤務先をお選びいただけるよう、今後の方向性、経営情報を含めてお話しさせていただきます。ぜひご相談ください。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
対象となる病院の求人情報(採用条件)を提供するだけではなく、各病院の経営状況など、客観性のある情報の提供も出来るように意識し活動しています。医療業界は今後も変化し続けます。現在の経営状況が順調であっても今後はどうなるか分からない不確実性がございますので、経営ビジョンが業界の方向性とマッチしているのかがとても重要です。医療機関の将来性を判断する為に、経営情報の把握はもちろんですが、各メディアからの情報収集や、実際に医療機関の担当者や先生方と面談する中で得る情報から総合的に判断していく力を養わないといけないと考えています。
まだまだ、先生方から教えられることも多く、全てのケースにおいてベストなマッチングが出来ているわけではありません。ご迷惑をお掛けしているケースもございます。全ての資格においてそうだと思いますが、資格は取得してからの行動が大切だと思います。医療経営士として身に付けた知識をさらに発展させ、日々の業務に活かすことで、業界におけるマッチングのレベルを引き上げたいと考えています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
医療業界は、今後も高齢化や診療報酬改定を受けて変化し続け、その変化が求人市場に影響を与えていきます。
変化していく状況の中で医療機関の経営状況や目指すべき方向性を見定め、その時々の求人市場のトレンドを見逃さないことが重要です。
先生方には、目先の条件のみに左右されず、検討されている医療機関の将来性なども含め総合的に判断いただきたいと思います。
転職をすることをお決めになられていなくても結構ですので、お気軽にご相談いただきたいと思います。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
私達の使命は、「社会利益の最大化」を実現することです。その実現に向け、今、特に注力して心がけていることは、地域医療の課題や活動に対する分析を深めることです。私が、入社して10年近くなりますが、その間、東京本社と大阪支社の勤務を経て、現在は名古屋支社に勤務しています。これまでの実務を通じて、数多くの医師と医療機関に関わってきましたが、名古屋支社で管轄する地域医療への理解を深めるために、協会が地方支部で開催している研究会やセミナーには積極的に参加するようにしています。そこでは、実務以外の視点からも、現場で話題となっている地域医療の課題や活動をリアルタイムで共有することができます。地域医療への分析力を鍛えることで、コンサルティング業務において、さらに社会貢献に近い課題解決を提案できるように常に意識を高めています。そして、社員全員で協力しながら、使命実現に向けての業務に務めています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
先生ご自身のためだけに時間をつくることからはじめてください。身体を休め、そして、ライフプランに思いをめぐらせる時間をつくることが大切です。先生方のQOL向上は、共に働くスタッフ、受診される方やそのご家族の健康にも確かにつながっています。今の環境やライフプランに何かお気にかかることがありましたら、フリーダイヤルでのお電話を選択肢のひとつとしてご検討ください。現状を整理するお手伝いができると思います。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
個々の医療経営士としてでなく、医療経営士の集団・チームとしていかに機動力・総合力を発揮できるか。医師担当者として先生方の求職サポートをさせていただくに当たり徹底的にこだわっていきたいと思っている事柄です。

そのためには、医療経営士としての総合的な知識をベースに大局的な視点での分析はもちろん、個々の医療機関の経営方針や現状の課題、医師の実感や生の声に至るまで多角的な情報が必要不可欠です。

医療機関担当者、他の医師担当者、サービス企画立案担当者と一丸となって情報共有と議論を重ねること。それにより、条件を羅列した無機的なマッチングでなく、具体性と提案力を備えたマッチングへと高めること。高い質と迅速性の両面を兼ね備えること。
変化の激しい医療業界において、先生方の最良のサポーターとなれるよう邁進していきたいと思っています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
どこに求職依頼をしても大差ない。そのようにお感じになられたことはありませんでしょうか? 私たちは保有する求人情報をただ提供するだけのサービスは行いません。医療経営士によるキャリアプランニングでご希望を具体化。それに応じた個別リサーチを行うため、まだ市場に出ていない案件も含め、最適解のご提案を実現致します。常勤でも、非常勤でもご希望がおありの際は、是非お気軽にご相談くださいませ。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
医療を取り巻く状況は社会情勢、人口動態、医療政策等様々な外部要因の影響を受けて日々変化してきます。転職をお考えの先生に求人をご案内する際には、今その病院が先生に提示できる勤務条件だけをお伝えするのではなく、その病院の今後まで見据えた提案が必要だと感じています。先生のご希望、その病院の置かれる状況、医療政策などの外部要因のそれぞれがマッチして初めて、本当の意味で先生の希望を叶える転職が実現するものと思います。
医療経営士に求められる知識は、医療機関の経営状況の把握から、地域ごとの医療政策の展望の予想まで、幅広く役立てることが可能です。メディカル・ステージでは、客観的なデータを活用して、より信頼のできる求人情報の提供を目指しています。知識を知識だけで終わらせず、先生方のより良い転職のため役立てていきたいです。
求職活動を行う先生へのアドバイス
転職を考えるにあたって、本当に自分の望む職場はあるのだろうか、求人票には良いことばかり書いてあっても実際とは違うのではないだろうか、と不安に思われる先生もいらっしゃると思います。
メディカル・ステージでは医療機関ごとの担当者が、実際に現地に足を運んで、求人票に書ききれない生の情報をストックしています。少しでも気になる求人がありましたら、まずは担当コンサルタントにご相談ください。非公開情報を含め、きっと納得いただける情報をお伝えします。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
私は営業企画として、主に先生の求職支援活動をサポートする為のサービスを立案・運営しています。
例えば、先生が転職を検討される医療機関の情報は、弊社の医療機関担当者が直接仕入れてきた情報に加え、営業企画が外部機関から取得した経営情報や、実際に転職やアルバイトで勤務頂いた医師へのアンケート等を通して多角的に収集しています。

メディカル・ステージが先生の就業環境の向上サポートを通して、医療業界をより良いものに変えていく一端を担えるように。医療経営士の知識を活かして業界の課題を把握し、より良いWILLを描くためのサービス構築に努めていきたいと思っています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
いくら医療機関や業界に関する豊富な情報を持っていても、内容を正しく分析し、判断をする力がなければ意味がありません。全員が医療経営士の資格保持者であるメディカル・ステージでは、全国のどのキャリアプランナーにご相談を頂いても、豊富な情報から先生にとってべストな道を導き出します。

転職をしないという選択肢も含めて、ご相談に乗らせて頂きます。まずはお気軽にご連絡下さい。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
営業企画の業務の中に、新人研修があります。
私は新入社員の研修を担当していますが、必ず医療に対する知識の大切さを伝えるようにしています。
私たちの仕事は「営業」ではなく「コンサルティング」です。医療の知識を持った先生や医療機関の人事担当者から、転職や採用の相談を受け解決する仕事です。
医療の知識を持たずに、できるわけがない仕事です。
医療業界の経験のない新入社員は、医療知識の幅広さに面食らうこともありますが、研修を終えてからも各自しっかりと勉強をし、エムステージの社員としての知識をしっかり身に付けてくれています。
高い医療知識を持った社員を増やしていくこと、それが私が医療経営士2級取得者として心掛けていることです。
求職活動を行う先生へのアドバイス
給与額などの条件だけにこだわらず、ご自身のライフスタイルやキャリアプランをじっくり考えたうえで転職先を探してください。医療業界の転換期を迎えている現在、今年提示された条件が2年後3年後に大きく変わる可能性があります。
弊社エージェントは、全員医療経営士の資格を取得しており、医療業界の将来性を熟知しています。転職に少しでも不安があれば、お気軽にご相談ください。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
『条件は悪くないから入職を決めたいが、この病院って本当に儲かっているのかな?』
『定年まで働きたいのだけど、この病院って将来も潰れないかな?』
こんな疑問を、転職を検討している病院に感じたことはありませんか。

私たちの業務は、先生方と医療機関の出会いをマッチングすることに尽きますが、
昨今のように、医療制度とそれを取り巻く環境が大きく変わる時代において、病院の求人情報や施設情報だけで、先生方にご転職先を決めていただくことには大きなリスクを孕んでいると考えます。私どもは、医療経営士2級の取得で学んだ①良好な経営をしている病院の見極め方、②診療報酬制度の改定から読む医療機関の過去と現在と将来、③医療の受け皿となる介護保険制度の仕組みと今後の流れ、上記3つの観点をベースに各都道府県の医療圏の情報を読み取り、“どの医療機関が先生にとって安心してご勤務いただけるか”を“医療経営士2級チーム”で精査して、ご転職先をご紹介するスタイルを心掛けております。

※弊社は、業界の中で『最も医療経営士2級保持者が多い会社』です。
求職活動を行う先生へのアドバイス
医療制度の大きな変化により、現在は病院がつぶれる時代です。
大切な先生方をご紹介したにも関わらず、その病院がつぶれてしまう、若しくは経営権が交代して大きく当初の条件が下がってしまうなど、こんなことがあってはなりません。
先生方と一緒に、医療機関の本当の姿を見極めながら、目先の条件だけにとらわれないご紹介とマッチングを常に心がけており、時には無理にご転職先を進めないケースもあります。
公平で質の高いマッチングをご希望の先生は、是非一度、弊社へご相談いただければと思います。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
地域包括ケアシステムが本格化し、新専門医制度もスタートしようとしています。これらの医療制度の変化に伴い、医療機関の地域で担う役割、目指す方向性も日々変化していきます。そのため、一時的に希望通りの転職ができても、1年後、3年後には働き方が大きく変わることも残念ながら起こり得ます。

私たちキャリアプランナーの役割は、先生方の今現在の希望だけでなく、将来のキャリアビジョンも含めたマッチングだと考えています。ミスマッチをゼロにすることは難しいかもしれません。しかし、極力ゼロに近づけることが、私たちキャリアプランナーの存在意義であり、使命だと思います。そのため、医療機関の現状だけでなく、今後の方向性も把握するよう努めています。

医療経営士の資格取得で身につけた基礎的な知識と、生きた情報の提供で、先生方に満足頂けるお手伝いができるよう心掛けております。
求職活動を行う先生へのアドバイス
医療業界が日々変化していくのと同様に、先生方の置かれている環境やご希望も、日々変化されていると思います。
『転職するかどうか分からない』 『今後のキャリアプランが定まっていない』という方でも構いません。
まずは弊社のキャリアプランナーに、現時点での思いをお聞かせください。
常勤だけでなく非常勤なども組み合わせ、最適なプランを見出すお手伝いをさせて頂きます。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
医療機関からスポット求人情報をいただき先生方にご案内させていただいておりますが、
スピード・正確性が重視される一方で、先生方からの評価を近くでお伺いできることがやりがいになっています。
スポットですと勤務日や給与等の条件だけが項目として捉えられがちですが、弊社では日頃から医療機関の方と密に連絡を取りながら募集背景や勤務内容の情報を収集し、求人票の精査をしています。
そのためには、各メディアの情報にアンテナを張りながら業界の変化を追い、それをアウトプットできるようになることで、情報を提供するに値する担当者であると医療機関の方に思っていただくことが重要です。
医療機関を取り巻く環境はめまぐるしく変化し、各医療機関もそれに適応しようと変化を続けます。スポットだからこそ、その1日が先生方と医療機関のよいご縁となるよう、情報収集の努力を怠ることなく業務に取り組んでいきたいと考えています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
弊社の求人票は、医療機関からいただいた条件だけで作成したものではなく、これまでの医療機関とのやりとりや、過去に勤務された先生方からの評価等も踏まえて作成しております。また鮮度についても自身を持っておりますので是非参考にしていただければ幸いです。
求人票には載せていない情報もございますので、先生が気になる情報が載っていない場合はお問い合わせ下さい。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
私は医療機関の採用担当者さんと、転職やアルバイト先をお探しの先生、双方の立場の方と日々接し、業務を行っております。

私たちの行う事業は「人材紹介業」ですが、先生方、あるいは医療機関の「将来」の築き上げの、お手伝いをしているとも言えます。
そこで求められるのは、いわゆるブローカー的な立ち回りではなく、ご依頼主である先生や採用担当者さんがお考えになっている将来のビジョンを、いかに自身が理解し、双方の思いをマッチングさせるかだと考えています。
そのためには、対人関係のスキルに加え、業界の知識も必要不可欠になります。まして私たちが携わる医療業界は、他の業界よりも専門性が高いことに加え、急速にめまぐるしく変化を遂げていく業界でもあります。

医療経営士資格を持つものとして、先生や採用担当者さんから、最も理解を深め合うことができ、信頼され頼りにされるパートナーであることを、日々心がけています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
メディカル・ステージは設立当初からドクターに特化した人材紹介業を行い、規模は小さいながら、クオリティにこだわった紹介業務を目指して参りました。
日々の診療やプライベートの時間に加え、求職活動のお手間を増やす必要はございません。
質の高い紹介サービスを我々紹介会社に期待頂けるのであれば、全社員が高い意識を持って、医療業界の知識取得に取り組んでいる私たちに、ぜひともご依頼下さい。
医療経営士として普段の業務でどのようなことを心掛けていますか?
私達の仕事は、先生方のキャリアプランについてアドバイスをする、又は医療機関との間を取り持つこと。とても重要な役割ですが、この仕事には特別は必須資格はありません。未経験者も多く勤務しています。こういった紹介エージェントに会って、「この担当者何も知らないな」と思われた経験はありませんか。

医療経営士という資格取得にあたって、勉強する分野というのは、先生方とお話をする中では必要最低限の知識です。医師法、医療法改定、診療報酬など、先生方の生きる世界について知る。そのベースがあって初めて、先生方とまともなお話ができるのではないでしょうか。その上で私自身が心がけていることは、ベースとなる知識に加えて、情報も提供することです。診療報酬の改定等から示される今後の医療業界の方向性と、実際の現場レベルの実現可能範囲というのは、一致しないことも多々あります。日々、様々な医療機関や先生方とやり取りをする中で、そういった生の声もお届けできるように努めています。
求職活動を行う先生へのアドバイス
お忙しい先生が、今後のキャリアプランについて情報収集されるだけでも、なかなかお時間が取れないことと思います。私どもは上記に示した通り、一定の知識と情報を持ちあわせていると自負がございます。アルバイトのご紹介の際のご面会の際でも、ぜひ多岐に渡るお話ができればと思っております。それが、先生方のキャリアプランを考えられるきっかけになれば幸いです。

業界随一の情報収集力だからできる、豊富な求人情報

量だけでなく質にもこだわった求人を常時30,000件以上保有。非公開求人も多数ございます。

Dr.転職なび、Dr.アルなびの運営で培った情報収集力。科目毎の症例情報や医療機関の医療レベルなどが分かる、質の高い求人情報に自信があります。

10年以上、Dr.転職なび、Dr.アルなびを運営。そこで培った情報収集力がエムステージの大きな強みです。
科目毎に求人票を作成。症例数・診療実績、病棟の詳しい情報、医療従事者の内訳など、ありとあらゆる情報を網羅し、求人票からどのような勤務が実現できるか判断できるようになっています。
常勤・定期・スポット求人は、未公開の求人も含め常時30,000件以上保有。
豊富な求人の中から、先生にマッチした求人が見つけられます。

医療機関専任のリクルーティングアドバイザー。確かな知識とこまめな連絡で、求人の質と最新性を担保しています。

各支社に医療機関専任の担当者、リクルーティングアドバイザーを配置。密に各医療機関と連絡を取り、常に最新の求人情報を提供できる体制を構築しています。リクルーティングアドバイザーも全員医療経営士資格を取得しているので、業界の動向にも精通。
しっかりとした知識を持っての情報聞き取りで、医療機関との信頼関係も成立しています。

あらゆる情報を網羅し、裏付けのある情報提供

エムステージでは、医療機関から直接聞き取った情報のみならず、口コミ情報・第3者機関による情報も参照し、医療機関の全てをお伝えします。

エムステージのエージェントは、
先生の不安や疑問にしっかりとした裏付けを持って回答致します。

アンケート結果からの口コミ情報、第3者機関からの経営情報収集、医療機関との強いグリップによる情報収集について、先生のご質問とエージェントからの回答例をご案内致します。

Q1.週1回くらいの当直ならいいけど、忙しい当直はしたくないなぁ。
エージェントからの回答

アルバイトで勤務された先生のアンケートを確認したのですが、夜間対応0~2件という募集で、当直アルバイトをされた先生の8割が「想定より忙しくなかった」と回答しています。対応があっても1件、まったく対応が無い日がほとんどのようですので、ご安心ください。

回答の裏付け1 勤務した医師からの口コミ情報
エムステージでは、常勤でご紹介した先生からのアンケートはもちろん、アルバイトでご勤務頂いた先生からもアンケート回答を頂いています。
実際に勤務した先生の生の声を蓄積し、常にエージェントが参考にしているため、医療機関の実際の勤務環境をお教えすることが可能です。
Q2.この病院、経営状況が悪いって聞くけど…
エージェントからの回答

2年前の新築移転の費用で、前期・前々期は赤字決算となっていましたが、最新の決算では黒字回復しています。亜急性期に比重を強めたことで、病床稼働率も90%前後を維持できるようになっています。自己資本比率も70%あり、現在は健全な経営をされていると言えますよ。

回答の裏付け2 第3者機関からの経営情報収集
第3者機関などを利用し、医療機関の経営情報も把握しています。決算情報や病院の医療的な位置づけなどを基に、医療経営士の視点で的確に医療機関の経営情報をお伝え致します。
Q3.この先も急性期で勤務したいけど、この病院は機能変更とかしないかな?
エージェントからの回答

事務長は、今後も急性期機能を維持するとおっしゃっています。平均在院日数も15.2日、地域包括ケア病棟を持つ転院先も確保されているため、在宅復帰率も問題ありません。急性期を維持していく力のある病院ですよ。

回答の裏付け3 医療機関との強いグリップによる情報収集
全ての医療機関に医療機関担当者が対応。常日頃からコミュニケーションを取っているため、医療機関の将来的な方向性までしっかりとお伝えすることが可能です。

全国11拠点だからできる、エージェントの全国対応

エムステージは、医師紹介業としては最大級の全国11拠点のネットワークを構築

安心のインフラ:全拠点にエージェントと医療機関担当者は配置。
求人の質と鮮度、医療機関との交渉力を担保しています

エムステージでは、医師担当者と医療機関担当者がチームを組んで先生の求職活動をサポートします。
医師の紹介の時だけのやり取りだと、医療機関の実情や本音が見えないことがあります。常に医療機関と情報交換をしている医療機関担当者は、医療機関の勤務体系や待遇についてしっかり把握しています。
医師担当者が医療機関担当者が情報交換をしながら、先生のご希望に合った求人の提案が行えるのが、エムステージの強みです。

メールと電話だけのやり取りで、十分な相談はできますか?
「会いに行ける」のが、エムステージの強さです

エムステージは「会う」ことにこだわりを持っています。
求職支援を依頼して頂いた先生全員にすぐにお会いできるように、全国への拠点配置を進めました。2時間あれば、日本全国どこにでも行けるネットワークを構築しています。

転職は人生の一大イベントです。メールと電話のやり取りだけで、大切なことを決められるでしょうか?

ポイント制度の導入で、転職後のサポートも充実

感謝の気持ちをポイントとしても還元致します

より良いマッチングのためのMSポイントサービス

「エムステージのサービスをご利用頂いた先生方からの声を大切にしたい」という思いから、MSポイントというポイントサービスを取り入れています。
転職やアルバイト勤務、アンケート回答など弊社と接点を持って頂く度にMSポイントが貯まります。
接点を持つ度に先生方から頂いたお声は、新たに求職活動を行う先生にとって非常に有意義なものとなり、医療機関にとっても勤務環境の改善のために役立ちます。MSポイントを潤滑油に、多くの先生方のお声を集め、サービスの向上に努めています。

ライフスタイルを充実させる交換商品と各種キャンペーンイベント

貯まったMSポイントは、各種ギフト券やエムステージオリジナルグッズ、寄付などに利用可能です。先生方のライフスタイルを充実させるような交換商品を取り揃えております。
MSポイント貯蓄をゲーム感覚で楽しんでもらえるように、利用頻度での会員ステータスの設置や各種ポイントプレゼントキャンペーンも行っています。
悩みの多い求職活動にちょっとした楽しみを感じて頂ければと思います。

交換商品一例

ギフト券

Amazonギフト券
JCBギフト券

サービス

選べるホテルスパ券
選べる宿泊施設券

寄付

国境なき医師団
ジャパンハート

M’s Collection(オリジナルグッズ)

メディカルステージ オリジナルグッズ

その他にも、多くの商品をご用意しております。

ライフスタイルを充実させる交換商品と各種キャンペーンイベント

常勤転職と、月2回程度のアルバイトで高級ディナー(40代男性医師) エムステージの紹介で転職。その後月2回程度エムステージを通して当直アルバイトに勤務。アンケート回答も実施。年間42,000pt貯めて、JCBギフト券4万円分と交換。奥様との高級ディナーで利用。
アルバイト勤務で貯めたポイントで医学書を購入(30代男性医師) エムステージの紹介で定期非常勤の勤務。追加で月に1回程度週末の土曜の健診スポットも。アンケートにも全て回答し、年間約25,000pt獲得。
amazonギフト券と交換し、医学書を購入。
月1回程度のスポットアルバイトで、オシャレな白衣を購入(30代女性医師) 月1回程度の健診スポット勤務とアンケートの回答で、11,000Pt獲得。
クラシコのギフト券と交換し、新しい白衣の購入のために利用。

徹底した個人情報保護

お預かりした個人情報は二重三重のセキュリティで厳重に管理しています。

当たり前だけど、とても大切なこと。 株式会社エムステージは
「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

プライバシーマークは財団法人日本情報処理開発協会が運用する「プライバシーマーク 制度」に基づき、個人情報の適切な保護のために体制を整備している事業者に認定・付与されるマークです。株式会社エムステージは 「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

万全のリスクヘッジで、情報を厳重管理。 システムと社員の教育を通し、
個人情報漏洩の起こらない体制を構築しています。

先生方からお預かりした会員情報は、4つのID・パスワードで厳重に守られております。紙面で頂いた個人情報も、施錠した棚に保管。鍵は各支社の代表者が管理しています。
社員への教育も徹底。帰社後にデスク上に書類を置くことを禁止し、デスクの上に個人情報に関わる書類が置きっぱなしにされることを防止。
ヒヤリハット事例の全社員共有と注意喚起も行っており、人的エラーに対して最大限の防止策を講じています。