これって、もしかして変…?医師の職業病あるある

最終更新日:2017.10.25
これって、もしかして変…?医師の職業病あるある

知らず知らずのうちに身についてしまい、日常生活でもつい出てしまう仕事のクセ、「職業病」。職業病は、仕事のあり方を映す鏡! ということで、医師のみなさんに聞いてみた「あなたの職業病、なんですか?」。医師なら思わず頷くものから、科目特有のクセまで――

医師だからこその“あるある”回答を一挙公開です!

つい見ちゃうんです、血管。

仕事を離れても、つい人の体を観察してしまう医師が多数。

人を見るときは、顔よりなにより、まず血管!
不思議な視線を感じたら、それは医師が血管を見つめる視線かもしれません。

 血管の綺麗な人をみると、ついルート確保しやすそうと思ってしまいます。
(消化器内科)

エスカレーターに乗ったら、必ず前の人の腕を見てしまう。
腕フェチなわけではなく、いい血管しているな・・穿刺しやすそうだなあ・・と。
(科目非開示)

道行く人を『アー、この人絶対3(※冠動脈3枝ともに病変があるの意)やな』
という診察室目線でみてしまう。
(循環器内科)

街中ですれ違った、あなたのことが心配です。

外国の方の体格につい、血圧やコレステロール値など大丈夫か考えてしまう。
(内科)

人の歩容(※人が歩くときの姿や動きの癖)に目がいく。
(救急科)

街中で車いすの患者様とすれ違うと使用や適合性などを考えてしまう
(リハビリテーション科)

困っている人を見かけると黙っていられない。
(小児科)

患者ではないけれど、街中で見かけた人の状況がつい気になってしまう…。
それはもはや医師のサガ。

思わず声をかけてしまいそうになるのをこらえる、もどかしさも感じられます。

ほっとけない、黙ってられない、見過ごせない。

身近な人の心配事には、医師としての使命感にかられ、我慢しきれずにアドバイスをしてしまうことも。

保育園の先生と話していて、RSウイルスが流行ってると言われると、
つい医師の立場で疾患の説明から始めてしまう。
先生たちも次から次に質問してくるのでなかなか家に帰れない。
(小児科)

ほっとけない、黙ってられない、見過ごせない・・・だけでなく、「帰れない」まで!! 
いつでも・どこでも・誰とでも――瞬時に医師モードにチェンジする姿勢、感服です!

自分で自分を疲れさせてしまうこともあるかもしれないけど、そんな姿勢に、周りの人はとても助かっているはず。
その喜びが、また医師を次なる医師モード発動に駆り立てるのかもしれません(エンドレス)。

\次なる医師としてのキャリアをお考えなら/
医師の常勤求人検索はこちら➡『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら➡『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】

やっぱり、よく使う言葉がつい出ちゃいます。

 誰にでも『先生』といってしまう。
(循環器内科)

 電話にでるときに「はい、皮膚科の○○です」と名乗ってしまいそうになる。
(皮膚科)

周りに医師が多く、互いに「先生」と呼び合っているので、医師以外の知り合いに会うときにも、つい「先生」と呼んでしまう…という話はよく伺います。
でも、「先生」と呼ばれたら、呼ばれた側は悪い気はしない・・・かも!?

 私は、小学校の時に、先生を「お母さん!」と呼んでしまって赤面したことを思い出します。

医療ドラマに総ツッコミ!

医療ドラマを厳しいと言うか批判的に見てしまう。
(内科)

医療現場の出てくるドラマや漫画を素直に楽しめない。
いや、そんなことぜったいあり得ないですからー、
とか突っ込んでしまうと萎えるので最近は見ないです。
(循環器内科)

「沢口靖子の法医学ファイル」「米倉涼子のドクターX」「コードブルー」
などの流行りの医療ドラマが、余りに現場と違うので楽しめず白ける。
(科目名非開示)

医師の現場を知っているからこそ、「あり得ない!」「実際にはこんなのないない!」という突込みを入れずにはいられない、という悩みが多く寄せられました。

もうこの際割り切って、コメディやファンタジーだと思えば楽しめるのかも?!

 外国の「グレイズアナトミー」などはまだリアリティがある

という、おすすめドラマのご紹介もいただきました!

テレビつながりではこんなコメントも。

レジデントの頃、夜討ち朝駆けで鳴る病院からの着信音に怯えて暮らしていたので、今でもその頃病院からの着信音だった必殺仕事人のテーマがテレビで流れると無駄にドキドキして変な汗が出ます。
(循環器内科)

先生、お疲れ様です‥‥。
将来のこと考えると、電話の着信音は、無難なものに設定しておいたほうがよいのかもしれませんね。

エレベーターで前に立った人の血管に注目し、街中で気になった人の症状を心配し、身近な人の期待にはついつい応えてしまう。
回答から見えてきたのは、仕事から離れても周りの人のことを気にかける、医師な姿勢。
それに敬服するとともに、思わず「先生、少し休んで!」と声をかけたくなりました。

 少し疲れ気味かも?
\ワークライフバランスを重視した働き方をお探しなら/

こちらからご希望をご登録ください!

医師転職の方法でお悩みを抱えている方に
あなたのキャリアアップ、弊社エージェントがお手伝い致します。

医師転職に関するご相談はこちら▼