医師が転職をするのにベストな時期っていつ?オススメの転職時期とその理由について教えます

最終更新日:2017.09.05
医師が転職をするのにベストな時期っていつ?オススメの転職時期とその理由について教えます

患者の疾患を治療し、身体的・精神的痛みを取り除く事が仕事の医師。実は医師は転職が多い職業で全国にいる約300,000人の医師のうち、半数ほどが転職を考えたことがあるそうです。

医局や転職エージェントなど、医師の転職を支援するサービスなどの存在から非常に転職がしやすい事が医師の特徴のひとつであると言えるでしょう。

今回は、転職を考えている医師の方々に向けて、転職の時期と理由、そしておすすめの手段やサイトなどをご紹介します。

医師の転職の時期はいつがベスト?オススメ時期はあるのか

転職を視野に入れている医師は現在も多いと予想されますが、職場の環境や人数、時期の関係で、すぐには転職に踏み切れないケースも多いことでしょう。

ここではまず、医師が新しい職場でスタートするのは何月が適しているのか具体的に見て行きます。

実際に転職の活動を始める時期は、職探しや引継ぎ等を含め、数ヶ月~半年前を目安にすることをおすすめします。

 

新年度が始まる4月

医師が転職をするタイミングで一番多い時期が4月のようです。

新年度から新しい職場での勤務というタイミングが気持ちの上でも清々しく、人事異動や研修医の受け入れなど、医療機関内だけでも大きく環境が変化する時期でもあるため、転職による人間関係のトラブルは起こりにくいでしょう。

実際の求人数もこの時期が一番増加し、最も医師の転職が多い時期であると言えるでしょう。

 

前半期が終了する9月

10月も4月と同様、前半期が終了し、10月に後半期がスタートするということから医師の転職ニーズが再び高まる時期のようです。

医療機関側も後半期に医師が他医療機関へ転職してしまい、医師が不足するといった状況から求人を多く掲載する傾向が強いようです。

 

環境が大きく変化してしまった7月

次に医師が転職を考えるのが多い時期が7月のようです。

4月の新年度における人事異動による職場の人間関係の大きな変化や全体的な医療機関の経営方針の変化などによって、自身の理想の働き方と差異が生まれてしまい、医師が転職を考えるケースがいくつかあります。

医師は自身の専門科目であれば比較的転職しやすいため、7月という節目と節目の間の時期でも転職が多いことが言えるでしょう。

 

では、医師のキャリアパスにおける転職の時期やタイミングについてはどうでしょうか。

医師が転職を考える時期やタイミングとして多いのは、やはり30代以降の医師としてのキャリアアップを考える時期が多いと言えるでしょう。

年収アップや結婚などのプライベートの背景によるライクワークバランスの調整など、転職の要因はさまざまでしょう。

また、後期研修を終え、一人前の医師として医療機関に勤務し始めてからある程度精神的に余裕が現れた時と、専門医の資格を取得した後などもあるようです。

女性医師の場合は、結婚や出産による離職から復職する時などが考えられます。それぞれ、医師として働く中で目標や節目になる出来事と言えます。

 

医師が転職をする際にオススメな手段は?

それでは次に、実際に転職を進めるにはどのようにすればよいのか、手段を説明しましょう。

かつて医師の転職と言えば医局や知人の紹介がメインでしたが、現代ではインターネットの普及により、自身で多くの求人情報集めができるようになりました。

さらに、医師向けの転職エージェントや転職サイトに登録すれば、医師としての仕事に時間を割かずに転職活動が進めることができます。

まずは、転職エージェントから紹介していきます。転職エージェントに登録すると、自分の希望にぴったりの求人を紹介してもらえるだけでなく、入職までの条件交渉や入職後のアフターケアまで、丁寧なサポートを受けることができます。

転職に関する疑問点や不安点も対応してもらえるため、初めて転職をする医師も安心して転職活動ができるでしょう。

それでは、おすすめの転職エージェントを簡単に紹介しましょう。

 

エムスリーキャリアエージェント

ソニーグループが母体にある転職エージェントで、医師の登録数は25万人とトップの座を保っています。

医療機関の内部事情に詳しく、独自の開拓で強い交渉力を持っています。

希望に沿った転職を実現できる可能性があり、医師から高い評価を得ています。

 

医師転職ドットコム

業界で最多の40,000件以上の求人数を扱う転職エージェントです。

交渉時の詳細を紙面に残す方式を取るために離職率が少なく、安心して登録できるエージェントの1つです。

40代以上の医師に向けたサイトも運営し、案件を多数扱っています。

 

Dr.転職なび

スタッフ全員が医療経営士の資格を持ち、ハイレベルな交渉を行うことが可能です。

全国11箇所から常時30,000件以上の常勤・非常勤・スポットの最新情報を届けています。

また、常勤・非常勤・スポットなどの勤務形態に関わらず、初めてご登録頂いた医師の方には必ずエージェントとの面会を行い、転職に関するニーズを聞き出して最適な求人を提案するなど、非常に医師とエージェントとの距離が近いことが特徴です。

このように丁寧な対応で信頼度が高い点でも、初めて登録する医師にとって親身に相談してもらうことができ、安心して任せることが出来る、信頼できる転職エージェントであると言えるでしょう。

 

時期やタイミング別の医師が転職する理由

最後に、医師が転職をする理由についてまとめました。ここではタイミングや状況別にピックアップして見て行きましょう。

 

待遇面を改善したい

医師が転職をする理由で最も多いのが、年収や勤務時間などの待遇面です。

転職活動の際、第一にチェックするポイントであると言えるでしょう。

新年度のスタートに合わせた転職であれば、同じタイミングで転職してきた医師も何人かいる可能性が高いため、職場での人間関係でつまずく可能性は低いかもしれません。

年収に関する条件は非常に聞きづらいですが、転職エージェントを利用すれば条件交渉時に転職エージェントが同席し、希望の条件を医療機関側に交渉してくれるため、年収や待遇の交渉などもスムーズに行うことができます。 

 

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を重視したい

現代では、従来と比べて医師の働き方が尊重されるようになり、さまざまな形態・条件で医師のライフスタイルに合った働き方が出来るようになりました。

各種転職サービスに登録すれば、年齢による体力の衰えや、女性医師の出産後の職場復帰など、ライフスタイルのタイミングに合わせた求人を見つける事が可能です。

医師の働き方に余裕が出ることにより、より一層患者の診療に集中できるようになり、医療の質のさらなる向上を期待できるでしょう。

 

キャリアアップを目指したい

後期研修の終了後に専門医を取得したい医師、または専門医を取得した医師にとって、キャリアアップを兼ねた転職は次の大きな目標になります。

転職エージェントでは、専門医の取得ができる指定機関や、腕を磨ける高度な設備が整った大規模病院など、自分1人では見つけにくい貴重な情報も多数扱っています。

 

地元に戻って開業したい

ある程度の年齢を重ねると、地元の親の開業を継ぐケースが増えてきます。

また、親の近くで開業するために、新年度や半期の区切りを見計らってUターンを希望する医師もいます。

キャリアを生かし地域に愛される開業を目指す場合は、地方の情報も扱う転職エージェントに相談してみましょう。

 

新しい分野に踏み入れたい

今まで培った技術や知識を元に、新しい分野へ転科をする医師もいます。時期は医師によって異なりますが、転科は大きな決断が必要なために不安や心配が多々あることでしょう。

転職エージェントでは、転科を希望する医師の対応も丁寧に行い、職場に影響のないベストのタイミングで転科ができるようサポートを行います。

医師の転職のタイミングや時期、転職の手段などについて紹介してきました。転職をする際は、業務に影響のない時期やタイミングで行うのがベストです。

各種転職サービスに登録すれば、迷っている段階での相談も可能です。転職の準備は早い方が良いため、まずは情報探しから始めてみてはいかがでしょうか。

医師転職の方法でお悩みを抱えている方に
あなたのキャリアアップ、弊社エージェントがお手伝い致します。

医師転職に関するご相談はこちら▼