医学留学で学べる事とメリットって何?医師が留学するために必要・準備することとは

最終更新日:2017.09.05
医学留学で学べる事とメリットって何?医師が留学するために必要・準備することとは

医師が医学留学で学ぶことのメリットとはなんでしょうか?

近年、医学留学する若手医師が減少しているといいますが、医学留学では、多くの経験と知識が身に着くことでしょう。

ここでは医学留学についての情報をご紹介しています。

留学先の機関や期間はどれくらい?留学準備費用はいくらかかる?気になる助成金についても解説しているので、参考にしてみてください。

医師が留学する理由

医師が医学留学する理由は、その多くが最先端の医療研究を行う環境下でキャリアアップしたいという事ではないでしょうか。

医療研究に関しては、アメリカや欧米から発信されることがほとんどのため、アメリカ・欧米では最先端の医療知識に触れることが出来ます。

また、外科手術では日本と比較して症例数が多く、カンファレンスなど医師同士のディスカッションの場も多いため、キャリアアップを目指す医師にとって大きなメリットといえます。

日本の医療技術は世界でトップレベルですが、医療教育や大学病院の医局といった独特の環境は、医師の成長にとって好ましくない点もあるといいます。

グローバルな視点を持つ、最先端の医療技術を身に着けたいのであれば、医学留学で経験を積むことが、医師として後のキャリアアップにつながっていくでしょう。

 

医師留学の機関ってどのくらい?

医師の留学には大きく分けて研究留学と臨床研究という2つの種類があります。

研究留学では博士号を取得後、大学院で研究を行うポスドク(博士研究員)から目指す人が多いようです。

次に臨床留学の場合、海外の医療現場で実際に勤務し、医師として医療技術を磨くといったことが目的になります。大体2~3年を留学期間とする医師が多いそうです。

留学先の機関には、ハーバード大学メディカルスクール・マサチューセッツ総合病院・カリフォルニア大学…など数多くの機関があります。

続いて、臨床留学についてです。アメリカの病院で医師として働くには、米国医師国家試験と臨床研修資格を取得しなければなりません。

そのため、アメリカ臨床医学留学プログラムなどを利用するのが最短の道でしょう。あるいは、アジアやオーストラリアといった他の国を留学先に選ぶ医師もいるそうです。

(参照元サイト:研究留学サポート「医療研究機関情報」

 

年齢や費用・生活費、医師が留学するための条件って

医師が医学留学するのに適した年齢はあるでしょうか?

30代前後の若い世代はもちろん、40代以上の医師であっても、チャンスがあれば医学留学することは非常に有効でしょう。

年齢が関係するのは、補助金などの制度を利用したいと考えるときに年齢制限があるという点でしょう。では、医学留学にはどの程度の金額が必要となるのでしょうか。

留学には、留学費・生活費といった金銭面の心配があります。医学留学の準備金としては、50万円~300万が相場のようです。

それとは別に留学先での生活費の心配もありますが、こちらは都市部に住むか、田舎に住むかで物価が違うため、一概には言えませんが、毎月の生活費は10万円~30万円ほどが多いようです。

留学中の給与はNIHの給与基準によると年間約30,000ドルといいますが、想定外の事態に備えて自己資金は余分に用意しておいたほうがよさそうです。

(参考元サイト:日経メディカルオンライン

 

医学留学を支援する医療機関も

自己資金を用意し、留学先も自分で探して医学留学するという医師もいるでしょう。

しかし、すべて自分で準備するのは忙しい医師にとって難しい問題でしょう。特に留学先の医療機関を探すのが最も困難ではないでしょうか。

医療機関の中には、勤務医師のキャリアアップを目的に、医師の医学留学を支援しているところがあります。

一般病院で医師の医学留学を支援している医療機関では、一定期間当該病院に勤めている事などといった条件を満たせば応募することが出来るようです。

こういった医療機関による留学支援を利用するのが、医学留学を経験してキャリアアップしたい医師にとって、最短で叶えられる方法だと思います。

 

医学留学してみたいと考える医師は、近年、減少しているといいます。日本の医療技術が優れているため、海外に出るメリットが少ないと考える人もいるといいます。

しかし、海外の医療現場では、日本で得られない経験が多くあります。医学留学には費用が多くかかるものですが、補助金や助成金といった制度もあります。

広い視野を持ち、キャリアアップしたい医師は、ぜひ海外へ医学留学することを検討してみることをおすすめします。

また、医学留学を将来するために医学留学を支援している医療機関へ転職したいといったニーズを持つ医師の方も多くいらっしゃるでしょう。

そのような方は一度医師転職専門の転職エージェントにご相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職サイトに載っている公開求人のみでなく、医療機関から非公開求人をたくさん預かっているため、留学支援がある医療機関の求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

転職にご興味のある方、本格的には考えていないが自身の今後のキャリアプランを相談したい、といった方は一度転職エージェントにご相談してみてはいかがでしょうか。

今後のキャリアプランでお悩みのあなたに
気軽にキャリアのご相談してみませんか?

気軽に医師キャリアの相談をしてみる▼