常勤の心臓血管外科医が転職する際に知っておくべき事

最終更新日:2017.09.05
常勤の心臓血管外科医が転職する際に知っておくべき事

心臓血管外科医のキャリアパス・転職動向

心臓血管外科は心臓または大動脈・静脈などの血管の疾患を外科手術によって治療する診療科になります。

外科の中でも高い専門性を必要とするため、心臓血管外科医の絶対数は少なく、他診療科から心臓血管外科に転科することはなかなか難しいと言えるのではないでしょうか。

しかし、心臓血管外科を設立している医療機関のほとんどが大学病院や規模の大きい総合病院であるので各診療科内では充足しているというケースがほとんどのようです。

他診療科からの転科は非常に難しいですが、心臓血管外科医が同診療科内で転職するケースは多く存在します。

例えば、現在勤務している医療機関では手術の症例数が少ないため、スキルアップをするために症例数が多い医療機関に転職する場合や、循環器内科所属で全般的に循環器領域の臨床経験がある医師が専門性を高めるため、心臓血管外科に転職するといった場合があります。

このように心臓血管外科医が同診療科で転職したいと考える理由は様々あるようです。

心臓血管外科は手術を中心とする業務がほとんどで、大学病院や総合病院で勤務医として臨床経験を重ねてスキルを磨いていく事が当たり前で、医院やクリニックの開業には不向きな診療科であると考えられていました。

しかし、最近では独立開業を考える心臓血管外科医も増えてきています。

どのような開業形態があるか調べてみると、

  • 心臓に関する診察所(ハートクリニック等)
    メインは循環器内科が行い、院長以外に心臓血管外科医がいて手術を行う。
  • 循環器内科標榜だが簡単な手術は可能
    ペースメーカー埋め込みや下肢静脈瘤レーザー治療などは行う。
  • 心臓血管外科を標榜したクリニック
    手術はできないが、主に循環器疾患を扱うクリニック

が挙げられます。

しかし、依然として手術中心である診療科である事に変わりはないので、転職先として大学病院や規模の大きい総合病院が一般的のようです。

稀に心臓血管外科からの関連領域として、下肢静脈瘤専門のクリニックが心臓血管外科を求めるケースや、胸部外科が臨床経験豊富な心臓血管外科医を求めるケースもあるようです。

 

心臓血管外科医の平均年収は?

心臓血管外科は、血管が複雑である心臓周辺の疾患を治療する非常に難しい手術を専門にする診療科です。

そのため、仕事の中心が手術になるといえるでしょう。弊社調べによると、心臓血管外科医の平均年収は1,500万円であることが分かりました。

高い技術力を求められる診療科でありますが、他診療科と比べて明らかに年収が高いというわけではありません。

ゆえに心臓血管外科を志望する医師が増えず、心臓血管外科医の絶対数が少ないままであると考える事が出来ます。

また、この事と同診療科内での転職頻度が高い事も関係しているのでないかと言えるでしょう。

臨床経験によって年収が変動する事が多いので、多くの症例を経験した医師ほど年収が高い事が言えます。

 

これからの心臓血管外科医に求められるスキル

心臓血管外科医はカテーテル治療、心不全治療、不整脈治療など多くの疾患を担当する非常に重要な診療科であります。

しかし、心臓血管外科医は絶対数が少ない為、医師一人一人に高い水準を求められるのが現状であります。

そのためこれからの心臓血管外科医に必要なのは「どれだけ臨床経験を積んでいるか」という事で、転職の際、この臨床経験数が採用を左右す判断材料になると言えるでしょう。

また、心臓血管外科医は手術の際に緻密なチームワークを要求さえる事が多いため、高いコミュニケーション能力が要求されると言えるでしょう。

 

心臓血管外科の転職でのオススメ求人

全国的にみるとその専門性の高さからか、心臓血管外科の転職は医局による医師派遣が多いというのが現状のようです。

しかし、都市部を中心にではありますが、心臓血管外科の医師の求人が増加傾向にあります。

心臓血管外科での転職を考えている場合、医師転職サイトの求人を一度覗いてみても良いのではないでしょうか。

求人のミスマッチを防ぐために複数の転職サイトに登録して色々な求人に実際に目を通してから転職を判断する事がオススメです。

新規で循環器病センターや総合病院が開院するタイミングで多くの求人募集がある事はありますが、日頃から求人が多くある診療科というわけではありません。

ベテランの心臓血管外科医が手術から引退した場合や退職した場合、転職・開業した場合などの欠員補充の求人が急に出ることが多いようです。

そのため、求人情報を見逃してしまうことがありますので、事前に求人情報サイトに登録しておき、希望の求人がすぐ確認できる環境を整えておくと良いかもしれません。

医師転職サイトに登録する事で心臓血管外科以外の非公開求人を見ることもできるようになり、他診療科への転職など医師としての幅が広がる可能性もあります。

もし転職を考えている、悩みがある方は専任エージェントに相談する事で悩みの解消でき、良い転職に繋げられる可能性があります。是非一度医師転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

今後のキャリアプランでお悩みのあなたに
気軽にキャリアのご相談してみませんか?

気軽に医師キャリアの相談をしてみる▼