医師転職で解決出来る!医師が抱える人間関係の悩みとは

最終更新日:2017.09.05
医師転職で解決出来る!医師が抱える人間関係の悩みとは

 慢性的な医師不足や医療機関の経営方針の大幅な変更など、一日に多くの患者を診察し、症状に合わせた診療を行う医師。

その仕事内容は非常に多く、文字通り激務なケースもあります。

そんな医師ですが、中には「人間関係に疲れた、辞めたい」と悩みを抱える医師も多いようです。

医療機関の独特な人間関係のトラブルは多岐に渡り、教授や指導医だけでなく看護師や他の医師とのいざこざ、スタッフや患者とのトラブルもあります。

ここでは、医師の様々な人間関係をピックアップし、転職や退職の実際や、人間関係を解決するためのヒントをご提案致します。

意外と多い!?人間関係に悩む医師たち

古くから体制が確立されている医局内は、人間関係によるトラブルが後を絶たないと聞きます。

教授や指導医の対応や医療方針の違い、出身大学による格差などで不満や悩みを持つ医師はどこの医療機関にも存在します。

しかし、今後のキャリアや出世を考え、苦しい人間関係の中でひたすら耐えるという医師も多くいます。

近年では少しずつ改善されてきていますが、医療機関内の派閥争いは、できれば避けて通りたいのが医師の本音でしょう。

人事異動も医師の悩みの1つで、自分の意思に反して指示される上、派遣先で人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

常に仕事を一緒に行う看護師との人間関係も、多くの医師が悩んでいます。

また、他科の医師との人間関係のトラブルもよく聞かれます。

先端を行くはずのチーム医療は、お互いのプロ意識が強く話し合いにならないケースや、出身大学などで差別化する事態も起こります。

加えて、女性医師同士で確執があることも多く、後輩が先に結婚や出産をした時などは嫉妬の対象になる時もあります。

自分が妊娠中や育児中に時短で働いている場合には、他の医師にも気を使い、なるべく波風を立てないようにするという話も聞きます。

また、現代では「モンスターペイシェント」と呼ばれる理不尽な対応を迫る患者や家族もいます。

苦労して積み上げてきた成果を、人間関係が原因で存分に発揮できないのは医師にとって大変辛いことであり、勤務内容とは関係ない部分で医師としての成長を妨げられるのは非常に良くないでしょう。

次の項目では、看護師との人間関係でよく聞かれる内容を紹介しましょう。

 

医師と看護師の関係

医師と看護師が和気あいあいとしている医療機関もあれば、非常に険悪なムードが漂う職場もあります。

特に若い医師の場合、ベテランの看護師の厳しい対応に悩み、自信をなくして思うように活躍できないこともあります。

味方がいなければ居場所がなくなり、本来の業務に差し障る可能性もあるでしょう。

反対に、医師が看護師に対して高圧的な態度を取ったために反感を買い、人間関係がこじれて働きづらくなるケースもあります。

また、1人の看護師を贔屓していると誤解されたり、看護師との恋愛関係になった際にも居辛くなります。

女性医師も、看護師との人間関係には気を使うことがあるようです。

対立が起きないように様々な工夫をし、良好な関係を保つようにしている話も聞かれます。

開業医の場合は、狭い空間で看護師やスタッフとの人間関係がうまくいかず、悩むケースもあります。

人間関係がこじれて看護師が退職してしまうと、業務に影響が出るだけでなく求人募集の作業なども1人で行わなければなりません。

経験年数の差はあるものの、基本的には医師も看護師も立場は同等です。

皆がお互いを尊重し、感謝や気遣いを心がけている職場は雰囲気が良く働きやすい傾向にあります。

 

人間関係が原因で退職する医師も

医師の中には、うまくいかない人間関係が原因で疲れ果て、思い詰めて体を病み、休職や退職に追い込まれるケースもあります。

平成24年(2012年)に日本医療労働連合組合が行った調査では、勤務医の6割以上が「辞めたいと強く思う」「辞めたいとまれに思う」と答えています。

(参照元サイト:日本医療労働連合組合

 

医師全体の離職率は確認できていませんが、医局を離れ、転職や転科をして新しい世界で自分を試す医師も数多くいます。

また、資格を生かして製薬会社や保険会社、研究機関、専門学校の講師、コンサルタントや起業など、医師以外の道に進むケースもあります。

高齢化社会において、慢性的な医師不足は今後の日本に与える深刻な問題の1つです。

加えて、このように人間関係が原因で離職する医師が増加してしまうと、10年後に高齢者が充分な医療を受けられない問題がさらに深刻になってしまうでしょう。

10年後、高齢者に対してきちんと医療を提供できるよう、医療機関を含めた社会全体に、早急な対応が迫られています。

 

良い転職で新たなドクターライフを

医師を辞めるまではいかないものの、現在の人間関係の悩みを解決する手段として転職を考えたことがある医師は多いと言われています。

しかし、転職を決意し医局で紹介してもらったのも束の間、また次の職場でも人間関係に気を使い疲れてしまった・・・などという話もよく聞かれます。

一度自信をなくしてしまうと、この先も人間関係がうまく築けないのでは、と不安になる医師も多いでしょう。

医局内の紹介は人間関係が複雑に絡んでいる上に、情報がすぐに広まってしまいます。

休憩時間などに便利なインターネットを利用すれば、プライバシーの心配がなく自由に職探しができます。

人間関係が原因で転職を考えている場合は、一度医師向けの転職エージェントを閲覧することをおすすめします。

転職エージェントは無料で利用できるので、いくつか候補を挙げて登録してみてはいかがでしょうか。

登録後は専門のエージェントが丁寧に対応を行い、まずはエージェントとの面会から始めて医師の皆さんの悩みや希望をゆっくりと伺います。

転職をする際のポイントや、ちょうど良いタイミングなどもアドバイスいたします。

また、各々の性格や人柄、経験を考慮しながらぴったりの求人情報を全国レベルで提供することができます。

気に入った医療機関があれば見学や面接にも同席し、条件の交渉なども一緒に行います。

医療機関の内部事情や人間関係などに詳しい経験豊富な転職エージェントが入職をサポートいたしますので、転職が初めてな医師の方も安心して利用できます。

職場の人間関係等、現在の医師としての業務に悩みをお持ちの医師の方は、この機会に医師転職サイトに登録し、信頼できる転職エージェントと一緒に転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

きちんとワークライフバランスを重視出来ていますか?

医師のQOLにお悩みの方はこちら▼