医師の睡眠不足は当たり前?医師の勤務の実態

最終更新日:2017.09.05
医師の睡眠不足は当たり前?医師の勤務の実態

患者の心身に抱える健康への不安をそれぞれの専門領域から診療することで不安を取り除くことが仕事である医師。

医師の仕事は激務であることが多いため、睡眠不足に悩む医師が多いのではないでしょうか。

睡眠不足に悩む患者を診察する医師自身が、実は睡眠不足に悩んでいるというから皮肉な話です。

睡眠不足が続くと生活習慣病罹患率、体調不良、精神的ストレスといったリスクが高まります。

では医師にとっての睡眠不足とは、どのような弊害があるでしょうか?

医師の睡眠不足の原因は過酷な勤務体系にありそうです。これらの睡眠不足の原因を減らす方法はあるのでしょうか?

本記事では医師の睡眠不足について、弊害や解消方法などを考えてみます。ぜひ参考にしてみてください。 

半数の医師が睡眠不足を感じている

睡眠不足を感じる医師が多くいるそうです。

病院勤務の医師の勤務実態を調査したアンケートによると、睡眠不足を感じている医師は45.5%に上っていることが分かりました。

さらに「疲労感」では60.3%、大小問わず「ヒヤリハットを経験した」との回答では76.9%という驚きの数字が表されています。

「ヒヤリハット」と言うのは何かの作業中に思わずぼーっとしてしまい、作業を失敗しそうになる・何かを壊してしまいそうになるなどの事を表しています。

このように睡眠不足による健康被害はよく知られているにも関わらず、これほどの確率で医師が睡眠不足に悩んでいるというのは非常に深刻な問題です。

それでは具体的に医師の睡眠不足はどんな弊害をもたらすのか考えてみたいと思います。

(参考元サイト:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「勤務医の就労実態と意識に関する調査」

 

気を付けろ!睡眠不足がもたらす危険性

睡眠不足による弊害で考えられるのは、健康被害でしょう。

十分な睡眠が取れないことで生活習慣病の罹患率が高くなることはよく知られています。

慢性的な睡眠不足であれば、記憶力の低下・やる気減退といった症状が現れるそうです。

患者の診療など、常に気を張っていなければいけない医師にとって、こういった状態は望ましくありません。

また、緊急を要する、長時間に渡る手術に臨む医師では最悪の場合、医療ミスを引き起こす可能性もゼロではありません。

最悪の場合、医療訴訟につながる可能性があります。

実際に「ヒヤリハット体験」を経験している医師が7割を超えているため、医師の睡眠不足解消は真剣に取り組むべき問題といえるのではないでしょうか?

(参考元サイト:厚生労働省「e-ヘルスネット」睡眠と生活習慣病との深い関係

 

睡眠不足:原因は【当直勤務】?

医師の睡眠不足の原因は、やはり過酷な勤務実態でしょうか?

医師の睡眠時間を奪う大きな原因として、考えられるのがやはり当直でしょう。

日勤、夜勤の交代勤務がある仕事との違いは、当直明けに連続して勤務するケースがよくあるという点。

医局の人員不足が叫ばれる病院勤務では、当直を十分に回せるだけの医師が確保されていないのが現状です。

一般会社員と同様に医師も通常の勤務時間が週40時間と定められており、その時間を超えた勤務は時間外勤務扱いとなります。

しかし、当直勤務はこの週40時間の勤務に該当しないため、医療機関内の医師が不足していると通常勤務後にそのまま当直に入り、当直明けにそのまま通常勤務に戻るといったケースもあり、

たとえ寝当直であったとしても医師が受ける身体的負担はないと言い切ることは出来ません。

この睡眠不足が疲労感、精神的ストレスに繋がり、ひいては医師自身の健康被害または医療ミスを引き起す可能性は十分にあり得るでしょう。

そのため、きちんと睡眠時間を確保することは医師にとって非常に重要であると言えるでしょう。

 

睡眠不足解消のために:当直回数を見直そう【当直なし求人ご紹介】

それでは睡眠不足を解消するためにはどのようにすべきでしょうか。

睡眠時間を確保するためにまず取り組むべきは、オンコールを減らす事・当直を減らす事でしょう。

これらの問題を解決するためには転職が一番の近道であると言えるでしょう。

 

以下は弊社サービスサイト「Dr.転職なび」に掲載されている公開求人の一部になります。

これらの求人は【当直なし】【オンコールなし】が可能な求人となります。

この他にも多くの公開求人をご用意しており、公開求人数を超える非公開求人も取り揃えております。

希望に合う求人が見つからない場合はまず、弊社エージェントにお問合せ下さい。先生方の希望に沿うような求人をご紹介致します。

 

これらの求人をご覧になって頂くと、当直なしで勤務出来る求人が多くある事が分かります。

これらの求人以外でも多くの当直なしの求人を取り添えろ得ていますので、ご興味のある方はぜひ弊社エージェントにお問い合わせ下さい。

先生方のニーズをヒアリングし、希望に沿うような求人をご紹介致します。

 

医師の睡眠不足を解消するためのまとめ

以上から睡眠不足に悩む医師が多くいることが分かりました。

当直やオンコールがある病院の勤務医では、45%以上の医師が睡眠不足を感じているそうです。

そのため一部の医師は精神的ストレス・体の不調を訴えているようです。

そのような勤務を続ければ、いずれ医療ミスまたは医師自身の病気罹患を招く可能性があります。

このような事態を防ぐためにはどのような手段をとれば良いでしょうか。その一つの手段として転職があります。

医師の人材紹介会社には優秀な転職エージェントが在籍しており、年収UPやQOL向上、睡眠時間の確保など様々な医師のニーズに合わせて最適な求人を提案致します。

優秀なエージェントが在籍する転職サイトで、睡眠時間を確保できる方法を探してみてください。

きちんとワークライフバランスを重視出来ていますか?

医師のQOLにお悩みの方はこちら▼