「忙しすぎて辛い…」医師が仕事に求める理想と現実

最終更新日:2017.09.05
「忙しすぎて辛い…」医師が仕事に求める理想と現実

患者さんを看取ることや、患者家族とのやり取り、医療ミスと誤解されること、当直勤務やオンコール対応、求められる技術や知識の豊富さなど、心身共にプレッシャーが多い医師という職業。

「今、忙しすぎて辛い…」と感じている医師も多いのではないでしょうか。 

医師になろうと思ったきっかけを自問自答してみる

患者さんに質の高い生活を提供する立場なのに、自分は家族とのんびり過ごす時間はおろか、ろくにご飯も食べられず、眠れないような忙しさでは、医師になろうと思ったきっかけさえ忘れてしまいそうになることもあると思います。

そんな時は「そもそもなぜ医師になろうと思ったのだろう?」と自分が医師になった動機を振り返り、医師の仕事のやりがいを思い出し、今あらためて何を重視するべきか見直してみることで、モチベーションをアップさせることができるかもしれません。

 

「これ、辛い…」医師として働いてみて気付いたこと

医師が「辛い」と感じる理由の中でよく見かけるものが、当直やオンコールです。

その他、小児科など独特のコミュニケーションが必要となる診療や、患者や患者家族とのコミュニケーションの難しさ、「人を救って当たり前、救えなければ医療ミスを疑われる」などの過酷な環境、医局や医療機関における人間関係などなど…様々な心労があります。

もともと「人を救いたい」という純粋な気持ちで医師になっていたとしても、「周囲から何か言われるのではないか」、「訴訟を起こされたら…」など、考え出せば不安に感じる出来事は後を絶ちません。

実際に勤務してみると、素晴らしい仕事であるにもかかわらず、精神的にも体力的にも厳しい環境から心を病んでしまう医師が出てきます。

 

診療科によって辛さは変わる?年齢も関係あり?

診療科によって辛さが変わるのか、それとも自分が今勤務している診療科や地域だけが辛いのか、この医療機関が辛いだけなのか、はたまた年齢によるのか、毎日忙しく働いているとその判断も難しくなってきます。

ある調査では、下記の5つがきつい診療科と言われていました。

 

外科

外科は、難しい手術や長時間のオペなどの影響で拘束時間が長くなることに加えて、当直中に急変した場合のオペ実施など、様々なプレッシャーがかかります。

訴訟リスクの高い科目であることも見過ごせないポイントでしょう。

 

 産婦人科

出産自体がいつ始まるか予定がたてられないうえ、夜間に呼び出されて緊急帝王切開をしなければならないという状況や、内科的な診断や外科的な処置、そして同時に2つの命を預かるプレッシャー、障害を持って生まれた場合に医療ミスを疑われるなど、心身どちらにもダメージが大きい診療科と言えます。

 

整形外科

災害時や交通事故などの救急で対応する必要があることなどが「辛さ」の原因になるようです。

 

消化器科

治療が遅れると生死に関わることも多いため、緊張感が常にあるのが「辛さ」の原因になるようです。

 

どれも患者の生死に関わる診療科であり、1分1秒を争う状態であるため、24時間体制で対応する必要があります。

そのため、オンコール対応も多く、患者が急変すれば自宅からすぐ駆けつけなくてはいけません。上でご紹介した診療科は、このように激務になりやすいという特徴を持っています。

とはいえ、同じ診療科目であっても勤務している医療機関や地域により、状況は変わります。近くに病院がない地域かどうか、救急病院かどうか、スタッフの人員体制、スタッフの技量などによっても状況は異なります。よく調べてから、勤務する病院を決めることが大切です。

また、若いときは大丈夫だと思っていても年齢を重ねる内に勤務が辛くなってくる場合もあります。開業などの将来のキャリアも想定して、診療科や勤務先を選びましょう。

 

医師の仕事が全て忙しいわけではありません!自分に合った職場探しを

今にも過労死しそうな状態であったり、毎日の生活に何の楽しみも見いだせない無気力状態であったりするならば、残ったやる気を総動員してすぐに退職を検討すべきです。

正常な判断が下せる状態でないと、医師になった意味がありません。

医師の働き方は様々であり、手厚い福利厚生が必要なければ非常勤やスポット勤務を活用することで、当直やオンコール対応のない臨床医として働くことができます。

臨床医にこだわらなければ、医師の資格を活かして、産業医やメディカルドクターとして働くという道もあります。

まずは転職サイトや医師専門の人材紹介会社に相談してみるのも一つの手です。ぜひ医師としての自分だけではなく、自分自身の生活も大切に考えてみてください。

きちんとワークライフバランスを重視出来ていますか?

医師のQOLにお悩みの方はこちら▼