健診のアルバイトが人気な理由、気になる時給と仕事内容

最終更新日:2017.09.04
健診のアルバイトが人気な理由、気になる時給と仕事内容

 医師のアルバイトはたくさんありますが、中でも人気なのが健診のアルバイトです。

健診のアルバイトはなぜ人気なのでしょうか?どんな医師が健診のアルバイトを希望しているのか、その裏側を探ってみました。

健診の種類によっては向き不向きがあることも…。健診のアルバイトの気になる時給や、具体的な仕事内容、応募する際のコツについてもご紹介します。

健診のアルバイトって何するの?

医師のアルバイトは珍しくないといいますが、数ある医師のアルバイトの中で不動の人気を誇るのが、健診のアルバイトです。

なぜ人気が高いのか、人気の裏側を探ってみました。

医師の健診アルバイトの種類は、企業や学校などへ訪問して行われる集団検診、メタボリックシンドロームに対する特定健診、乳がん検診や子宮がん検診といった婦人科健診など多岐に渡ります。

健診アルバイトの主な業務は、問診・聴診などの基本的な診察です。

他にも、内視鏡検査やマンモグラフィのような健診をすることもあります。その場合には資格保持が必須となりますが、その分は時給に反映されています。

また、インフルエンザが流行するシーズンになるとインフルエンザ検査の仕事も需要が多くなります。多忙なスケジュールをこなす医師にとって、健診のアルバイトは業務上のストレスが少なく、効率よく収入を得られる仕事といえるかもしれません。

 

どんな医師が健診のアルバイトをするの?

健診のアルバイトを希望するのはどんな医師でしょうか?仕事のストレスが少なく、安定して業務にあたることができる健診のアルバイトは、女性の医師が多いようです。

出産のために休業してブランクがある女性の医師にとって、健診のアルバイトは復職するために感覚を取り戻す機会として最適であるようです。

また日々の業務に追われ、オンコールで呼び出されることのある常勤医師の仕事と子育てを両立させるのは難しいものです。

その点、健診のアルバイトは勤務する日程を子育て等の都合に合わせて選ぶことができ、一週間に一日だけといった勤務形態も可能です。女性の医師を指名して募集するケースもあります。

これらから非常勤をメインとした働き方をされている医師が健診アルバイトには多いようです。

 

健診のアルバイトの時給は高い?

健診アルバイトの時給は高いという話を耳にしますが、実際のところどうなのでしょう。

健診アルバイトの時給については、10,000円前後だと語られることが多いようです。ここで健診アルバイトの募集要項をいくつか抽出してみましょう。

勤務時間は健診の行われる案件ごとに差がありますが、5~6時間程度の勤務時間で一日当たり60,000円前後となっています。

企業健診で労働環境に関わる特殊な診察がある場合は、時給がアップすることもあります。

健診のアルバイトでは決められた診察を行うのが基本業務なため、単調に感じるかもしれませんが、イレギュラーな対応を迫られることがない分、効率的に仕事ができるでしょう。

 

オススメの健診アルバイト求人

ライフスタイルに合わせた働き方ができるのが魅力の健診アルバイト。時給相場は10,000円程度となっているため、数をこなせば高額給与にすることもできるでしょう。

健診アルバイトの求人は、春と秋の定期健診シーズンになると全国各地で多く募集されます。このシーズンに集中してアルバイトをこなす非常勤の医師も多いそうです。

健診アルバイトは定期的に行われるものや、単発で行われる求人案件もあります。メタボリックシンドロームに注目した特定健診は企業や官公庁で多く実施されており、婦人科系の健診も需要が高い傾向にあります。

特に婦人科系の健診では女性ならではの内容の健診もあるため、患者に配慮して女性医師限定の募集が多いようです。

健診のアルバイトをお探しの女性医師は、こうした婦人科系の健診を探すのが効率的かもしれません。健診のアルバイトはいずれも人気の求人なため、募集がすぐになくなっていくため、都合のよい日があれば早めに応募することをオススメします。

 

健診アルバイト、人気の理由と仕事内容のまとめ

健診のアルバイトは決められた業務をこなす安定した働き方ができるのが人気の理由です。

また高額時給の点でも人気が高いといえます。健診のアルバイトは、特殊な健診でなければ医師免許以外の資格などはなくても応募可能です。

求人数も多くあり、健診シーズンである春秋には学校や企業などから求人が殺到します。子育てと仕事を両立させたいとお考えの女性医師には、健診のアルバイトをオススメします。

ぜひ求人探しの参考になさってください。

きちんとワークライフバランスを重視出来ていますか?

医師のQOLにお悩みの方はこちら▼