少しでも年収アップしたい!医師の年収アップ方法をご紹介

最終更新日:2017.10.24
少しでも年収アップしたい!医師の年収アップ方法をご紹介

どのような職種であれ、年収は多いに越したことはありません。

学会費や書籍購入費など、生活費以外でかかる出費がなにかと多いと感じている医師の方は多いのではないでしょうか。

一般的に医師の年収は1,600万円を超えれば高年収と言えるでしょう。開業医や全国的に有名な医師の方であれば、年収2,000万円を越える事もあり、転職で年収アップを実現する事は十分可能です。

今回は医師が年収アップを考える際にぶつかる【高額求人への不安】について解説し、転職以外の年収アップの方法についてもご紹介致します。

高額求人への不安

求人探しの際、時々年収2,000万円など、高額な年収の求人を見つけた時に「何か(悪い)理由があるのかも」と少なからず不安を抱いた経験があるかと思います。

当社の求人ページ「Dr.転職なび」で検索してみると、科目によって差は開きますが、いわゆる高額年収である年収1,600万円以上の求人がいくつか掲載されています。中には前述したような年収2,000万円を超える求人も掲載されています。高額な年収は非常に魅力的ではありますが、不安を感じる事もあるでしょう。

過去に「Dr.転職なび」で実際に掲載された高額年収の求人をご紹介致します。

年収:2,000~2,300万円

地域:大阪府

科目:一般内科

施設:無床クリニック

勤務内容:外来・在宅診療 院長職の募集

年収:2,000万円~

地域:東京都

科目:一般内科

施設:無床クリニック

勤務内容:在宅訪問診療 院長職の募集

年収:1,800~3,000万円

地域:和歌山県

科目:整形外科

施設:一般病院(100床規模)

勤務内容:外来診療・病棟管理・救急対応

年収:2,400~3,000万円

地域:岐阜県

科目:一般内科・一般外科

施設:無床クリニック

勤務内容:訪問診療

 

このような高額求人が出される背景には相応の理由があり、多くは下記のような内容になります。

  • 急な欠員のための人員確保
  • 新規開設に向けての募集、体制強化
  • 交通の便が悪い立地のため、医師が不足している
  • 在宅・訪問診療の体制強化のための募集
  • 産婦人科や不妊治療など医師不足の科目
  • 美容外科などの自由診療

他にも高額求人として掲載している理由は多くあるでしょう。このように、年収額や勤務内容だけでは知る事の出来ない情報はたくさんあり、決してネガティブな理由があるから年収が高いと決まっているわけではありません。

【明らかに年収額が高いから何か裏があるのではないか】と決めつけ、候補から外さず、まずはその理由を知る事で良い求人と巡り合えるかもしれません。

 

高額求人からは見えない情報

高額年収の求人には、様々な背景があることがわかりました。

しかし、掲載求人の内容だけで実際の職場の雰囲気・勤務の様子を知る事は出来ません。

転職を考え、求人探しをした経験のある医師の方のほとんどが、年収や勤務内容以外に以下の事を知りたいと思った事があるかと思います。

  • 募集の詳しい背景や経営状況
  • 医師や看護師、受付スタッフの人柄や雰囲気
  • 外来の数や病床数、主な症例や手術数
  • 業務内容や取り扱い機器
  • 当直やオンコールの具体的な回数
  • 面接スタイルや質問事項などのポイント
  • 通勤の状況や住まい、周辺の環境

これらは転職を決める上で、非常に重要な要素でしょう。しかし、これらを求人情報だけで完全に把握するのは難しいかと思います。

この問題を解決するためにはやはり【問い合わせる】事が一番の近道でしょう。

ほとんどの医師紹介サービスには専属の転職エージェントが在籍しています。

エージェントは実際に病院・クリニックに足を運んで経営状況や勤務内容を把握し、問い合わせ頂いた医師の方に最適な求人を紹介・提案するのが仕事です。そのため、掲載されている求人以外にも様々な情報を把握しています。

【実際にどのような働き方になるのか】について、実際に足を運んだ事のあるエージェントから聞く事で、求人では分からない情報を知る事が出来、実際に働いた時のイメージがしやすいはずです。

 

年収アップの方法、教えます。

では、実際に年収アップを考える際、どのようなポイントで求人を選べば良いのか、転職以外に年収アップする方法についてご紹介致します。

 

地方の医療機関へ転職

医師偏在の影響によって地方の医療機関は医師の獲得に苦労している現状があります。

そのため、高い年収を掲示してでも、医師を獲得したいと考える医療機関が多いです。

このような求人に対して、よく弊社エージェントに「地方の医療機関は医師が不足しているから、求められる業務量が多いのではないか」といったお問合せを頂く事がありますが、決して決めつけず、まずはエージェント等に聞いてみる事をオススメします。

地方求人の際は、該当する地域に支社や事業所を設けている医師紹介サービスから応募すると良いでしょう。各々の地域に支社があり、求人の詳細をきちんと把握しているエージェントなら安心です。

また、医師が地方へ転職する際のポイントとして、押さえておきたい内容は下記の通りです。

  • 車通勤の可・不可、交通費の支給額
  • 住まいの斡旋や紹介の有無
  • 単身赴任の帰省手当てなどの福利厚生
  • 通勤日、急患、オンコールなど具体的な勤務内容
  • 担当以外の科目の診察の有無
  • 経営者やスタッフとの関係
  • 近隣のお付き合いや自治会等

地域別の働き方については、こちらの記事でもご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。

 

年収400万円アップ?空き時間を利用した【アルバイト】

 

「年収はアップしたいけれど、今の常勤先に不満があるわけではない」

「休日や研究日を利用して簡単に収入アップしたい」

 

と考える医師の方もいらっしゃると思います。

そんな方は、医師のアルバイトがオススメです。

事実、全体の約半数の医師が「アルバイトを経験した事がある」と回答しており、医師の方にとってアルバイトは非常に重要な収入源と言えるでしょう。

アルバイトにも当直・日当直、一般外来、病棟管理、健診など勤務内容は多岐に渡ります。

研究日や休日を利用する事で、定期のアルバイトをするだけでも年収アップは十分に可能です。

例として、過去の定期アルバイト求人をご紹介致します。

日給:10万円

地域:東京都

科目:一般内科 / 総合診療科

施設:ケアミックス病院

勤務時間:日勤(終日)/ 週1回

勤務内容:外来診療

日給:9万円

地域:千葉県

科目:一般内科 / 整形外科

施設:無床クリニック

勤務時間:日勤(終日)/ 週1回

勤務内容:外来診療

日給:10万円

地域:埼玉県

科目:一般内科 / 老年内科

施設:無床クリニック

勤務時間:日勤(終日)/ 週1回

勤務内容:在宅診療(個人宅)

     訪問診療(施設)

日給:9万円

地域:神奈川県

科目:精神科

施設:一般病院

勤務時間:日勤(終日)/ 週1回

勤務内容:精神科外来

 

このようにアルバイトでも日給10万円を稼ぐ事の出来る求人が多くあります。

 

例として、非常勤アルバイトの平均日給である8万円のアルバイトを週1回、1年間行ったとすると、

8(万円)× 4(回/月)× 12(月/年)= 384(万円)

となり、400万円近くの年収アップに繋がります。

 

研究日や休日などの空いた時間を活かして勤務する事で、定期アルバイトだけでも年収アップは十分に可能でしょう。特に後期研修中の医師や大学病院の医師の場合、生活費の補填をするために常勤とアルバイトを掛け持ちしているケースは多いです。

寝当直の求人であれば、常勤の勤務の合間に当直アルバイトをしている医師も多いです。

また、年収アップとは別に「様々な医療機関で臨床経験を積んでみたい」「専門医資格のための症例を経験したい」といったニーズがアルバイトにはあります。この場合、若手医師がほとんどです。

中には非常勤の収入だけで生計を立てているフリーランス医師もいます。

上手くいけば常勤の年収より高い年収を得る事が出来る非常に魅力的は働き方でもあります。

フリーランス医師に関しては、以下の記事で詳しくご紹介しています。

今回は、医師の年収アップについて、転職を視野に入れた時の情報の集め方や地方勤務を選ぶケース、休日のアルバイトなどをお伝えいたしました。

年収アップを目指すには、ぜひ信頼できる転職エージェントをご活用ください。ライフスタイルに合わせ無理なく年収アップができるよう、全力でサポートさせていただきます。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼