呼吸器内科の年収は?呼吸器内科医の転職のコツ教えちゃいます

最終更新日:2017.09.05
呼吸器内科の年収は?呼吸器内科医の転職のコツ教えちゃいます

厚生労働省の「必要医師数実態調査」(平成22年)によりますと、呼吸器内科医の常勤の医師数は731人で、内科系の診療科としては一般内科・循環器内科・消化器内科についで4番目に人数が必要であると言われています。

気になる呼吸器内科医の年収は?

呼吸器内科医の平均年収は弊社サービス「Dr.転職なび」の求人情報等から約1,500万円であることが分かりました。

こちらのグラフをご覧ください。弊社サイト「Dr.転職なび」の掲載求人の呼吸器内科医の年収上限の分布図になります。

呼吸器内科 年収上限

こちらのグラフから、ほとんどの求人が年収1,401万円以上を上限としている事が分かります。

年収1,401万円から年収1,800万円を上限とする求人が特に多いことから、呼吸器内科医として年収1,800万円以上が高年収であると言えるのではないでしょうか。

年収2,000万円以上を上限とする求人も29%と多く、呼吸器内科医として年収2,000万円以上を得るのは不可能ではないと言えます。

しかし、年収2,000万円を稼ぐことが出来る医師は膨大な症例数を経験していて、洗練された医療・オペスキルを習得しているなど医師として特別なステータスをお持ちでなければ難しいかもしれません

 

次に地域別で見た呼吸器内科医の平均年収を見ていきましょう。

呼吸器内科 地域別平均年収

こちらのグラフから地域によって平均年収にバラつきがあることが分かります。

東北・関西地域に関して、呼吸器内科医の平均年収である1,500万円を下回っており、これらの地域での転職は大幅な年収UPは見込めないかもしれません(※あくまで年収の平均からの考察であり、求人によって見込める場合もございます)。

北海道地域が最も平均年収が高く、こちらの地域での転職が年収UPへの一番の近道かもしれません。

次いで四国地域が平均年収の1,500万円を上回っており、四国地域での転職も年収UPに有効かもしれません。

 

最後に地域別で見た呼吸器内科医の求人数割合について見ていきましょう。

呼吸器内科 地域別求人数

やはり関東・関西の都市圏に求人が集中していることが分かります。

北海道・中国・四国地域に関してはそれぞれ求人数が全体の5%で、非常に少ないです。

これらの地域で転職活動を行う場合、選択肢が少ないため希望に合った求人を見つけるのは難しいかもしれません。

関西は平均年収が他の地域に比べて低いですが、求人数が多いので、QOL等の年収以外の条件を重視するのであれば求人数が多い都市圏を中心に求人をお探しになると良いかもしれません。

 

呼吸器内科医の年収について弊社サービスの求人情報などから紐解いてきましたが、実際の転職時はこれらの要素以外に勤務先の規模や求職者の年齢なども大きく関わってくると言えるでしょう。

実際の転職すると、どれくらい年収がUPするのか知りたい方は一度転職エージェントにご相談してみてはいかがでしょうか。

本格的に転職を考えているわけではないが、自身が転職でどれだけキャリアアップ出来るのか、現在の勤務に感じる不満をどれだけ解消できるのかを転職エージェントに相談することで知ることが出来、今後のキャリアプラン形成に少なからず役立てる事が出来ると思います。

 

呼吸器内科医の求人ご紹介致します。

先では呼吸器内科医の年収についてご紹介してまいりました。では実際の求人はどのような内容となっているのでしょうか?

掲示年収や勤務内容、どれだけQOLが確保されているのか紐解いていきたいと思います。

以下は弊社サービスサイト「Dr.転職なび」に掲載されている呼吸器内科の公開求人の一部になります。

この他にも多くの公開求人をご用意しており、公開求人数を超える非公開求人も取り揃えております。

希望に合う求人が見つからない場合はまず、弊社エージェントにお問合せ下さい。先生方も希望に沿うような求人をご紹介致します。

 

 

 以上の求人をご覧になって頂けるとお分かり頂けると思いますが、呼吸器内科の求人は全体的に高年収の傾向が強いようです。

慢性的に呼吸器内科不足が問題となっていることからこの傾向が強いようです。

高年収の求人だけでなく、週4日勤務や当直なし勤務での求人も掲載されており、QOLやワイフワークバランスを重視した働き方も可能のようです。

このように呼吸器内科の求人は条件が良いものが多いため、キャリアアップやワイフワークバランスを見直したい、向上させたいとお考えの方におすすめです。

これらの求人以外にも多くの求人を取り揃えておりますので、この機会にぜひ弊社エージェントにご相談してみてはいかがでしょうか。

 

呼吸器内科の年収を他診療科と比べると

概ね呼吸器内科では、現在の年収に満足している医師が多い傾向にあります。

年収としては勤務医の場合は他の内科医と同じぐらいの水準となっている現状です。しかし、将来性の意味で、呼吸器内科はオススメです。

例えばクリニックとして開業した時にその専門性を活かした診療を行いやすいということが考えられます。

例えばCOPDの治療に特化した呼吸器内科クリニックを開院することも可能です。専門性の高いクリニックを開業することで病院から診療所への病診連携に成功すると大幅な年収アップが見込めます。

 

気になる呼吸器内科医の働き方は?忙しい?

呼吸器内科の医師は急性期医療から在宅医療まで幅広くカバーする重要な診療を任されることになります。

そのため、医師として幅広い領域の知識を身につけることが可能になります。

日常臨床の主訴で多くを占める咳の患者の鑑別診断や胸部異常影の診断をはじめとして、感染症、閉塞性肺疾患、腫瘍性疾患、アレルギー性・膠原病関連肺疾患・間質性肺炎・血管性疾患など、多岐にわたる領域をカバーすることになります。

生きるために必要な呼吸についてなど、全身管理法について深く学べるため医師としての幅が広がります。

また、薬剤と密接に関わる疾患が多いためにきちんと薬剤の知識も身につけることができます。

そして、この高齢化社会で欠くことのできない緩和医療についても学べるということにメリットがある診療科と言えます。

そうした場合、痛みよりも辛いと言われている呼吸がしにくい症状に悩まされている患者の心にしっかり寄り添うということが必要になります。

呼吸器疾患に関する専門医は今後も需要が高まると考えられています。

特に最近注目されている睡眠時無呼吸症候群やニコチン依存症(禁煙外来)なども担当領域となりますので、患者さんの数も増えている現状があります。

呼吸器内科医のQOLは、どの専門領域でどういった勤め方をするかに大きく左右されます。

呼吸器内科の特徴としては、働き方が多様で自分自身のキャリアを考えながら専門性を磨ける点といえるでしょう。

喘息などのアレルギー疾患を対象とした外来診療や、睡眠時無呼吸症候群などを対象とした睡眠外来、禁煙外来などもあるため、例えば育児と並行して専門医としてのキャリアを中断することなく働き続けることができます。

当直やオンコール対応のない働き方を選びやすいのは、呼吸器内科医のメリットのひとつではないでしょうか。

 

呼吸器内科医が年収2,000万円を目指すには

あるデータによると、呼吸器内科で2,000万円以上の年収を得ている医師は、関西では約半数、中部地方で約3割となっていました。

年収アップを最優先に考えた転職をする場合、募集要件にある年収の高い地域から優先的に当たってみることで効率よく転職活動を進められるかもしれません。

また、将来的に年収アップを見据えるのであれば、専門性を追求することが重要です。

その専門領域を活かしたクリニックを開業することで、病院から診療所への病診連携に成功すれば、大幅な年収アップが見込めるでしょう。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼