皮膚科医の平均年収は?

最終更新日:2018.06.19
皮膚科医の平均年収は?

皮膚科は開業医が多いのが特徴です。

患者数も多く、最近は花粉症で起こるアレルギー症状などの対応で春先に忙しくなる傾向があるようです。

皮膚科医師の平均年収はいくらでしょうか。

\いまの年収に満足していますか?/

年収1,800万円以上、高額求人多数!
希望の条件で、まずは検索!

検索はこちらから

皮膚科医の年収

弊社サービスの「Dr.転職なび」によると、皮膚科医の平均年収は約1,500万円です。全診療科での平均年収額とほぼ同等の年収です。 

こちらは弊社サイト「Dr.転職なび」の掲載求人の年収上限金額を度数分布で表したものです。

皮膚科 上限年収

年収1,401万円から年収1,600万円を上限とする求人が最も多く、43%を占めます。

次に年収2,001万円以上を上限とする求人が34%あります。 

次に年収の下限金額を表したグラフを見てみましょう。

皮膚科 下限

ほかの多くの診療科と同様、下限が年収1,000万円以下の求人が多いようです。

次に多いのは、年収1,401万円から年収1,600万円です。

地域別の平均年収を見てみましょう。皮膚科 平均年収

※四国は求人の掲載がないため、データがありません。

北海道の平均年収は2,000万円と高いですが、ほかの地域の平均年収は1,500万円周辺です。

最後に皮膚科医の地域別の掲載求人数を見ていきましょう。

皮膚科 求人数

最も求人数が多いのは関東で、43%を占めます。

皮膚科は都心にクリニックが集中しています。

高年収を得たい方は北海道、年収以外の条件を重視する方は求人数の多い関東・関西など都心部の求人を探すと希望に沿う求人が見つけやすいでしょう。

年収アップのために転科するなら

皮膚科医の年収は医師の平均年収とほぼ同額であるため、一般的に転科がしやすい一般内科などに転科しても年収アップは難しいでしょう。

一方、美容皮膚科は自由診療分野が多く、人気のクリニックでは高い収益を得ています。

美容皮膚医への転科は、年収アップの可能性は非常に高いです。

例えば東京都内の美容皮膚科では、年収1800万円程度を掲示する求人もあります。

皮膚科医の働き方は?

皮膚科医はクリニックで働く場合、ほとんどが外来診療のみの業務となります。

また、手術を担当する場合も、皮膚科医は熱傷などで重症を負っている場合以外は緊急手術になるような疾患がほとんどありません。そのため、決まった時間で働くことができます。

外来診療のみでれば、高齢でも十分仕事を続けられます。

一方で美容皮膚科は、患者の希望や期待に応えられなかった場合、トラブルの発生や訴訟のリスクは高まります。 

皮膚科医が転職する際のポイント

一般の皮膚科医が転職により、医師の中でも高額と言われる2,000万円以上の年収を得るのは簡単ではありません。

美容皮膚科医として勤務することが高年収を得るための一番の近道ですが、美容皮膚科は自由診療であるため、患者の負担する金額が非常に高く、トラブルが発生しやすいリスクもあります。

転職を検討されている方は、転職する場合は、どのような勤務内容で、どれほどの年収が見込まれるかを医師転職エージェントに相談することをお勧めします。

希望条件と職歴、臨床経験数などを伝えることで、効率的に希望に合う転職プランを見つけやすくなります。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼