泌尿器科医の平均年収は?

最終更新日:2018.06.19
泌尿器科医の平均年収は?

泌尿器科は尿路疾患、男性生殖器系、女性の骨盤疾患、内分泌・生殖機能・性機能など幅広い領域の診療を行います。

腎臓にも関係する臓器を扱うため、人工透析設備がある医療機関の場合、透析管理を担当することも珍しくありません。

泌尿器科医の年収

弊社サービスの「Dr.転職なび」に掲載している求人情報から、泌尿器科医の平均年収は約1,500万円と推察されます。 

「Dr.転職なび」の掲載求人の年収上限金額を度数分布で表しました。

泌尿器科 年収上限

泌尿器科は年収2,000万円を上限とする求人が42%と最も多いです。

次に年収の下限金額をみてみましょう。

泌尿器科 年収下限

年収1,000万円以下を下限とする求人が最も多く、53%を半分以上を占めます。

次が1,401万円~1,600万円で、23%です。

では、地域別の平均年収を紹介します。

泌尿器科 地域別年収

平均年収は四国が最も低く、北海道が最も高いことが分かります。

転職の際に年収を重視するのであれば北海道の求人を探すのもいいでしょう。 

最後に地域別の掲載求人数の割合です。泌尿器科 求人数

関東が25%と最も多く、中部、関西が続きます。

北海道・四国・中国は、求人数が非常に少ないです。 

泌尿器科から転科するには?

泌尿器科は高齢の患者を診ることが多いため、経験を活かすことができるリハビリ科への転科は珍しくありません。

リハビリ科の場合は平均年収が1265万円程度で、泌尿器科医と比較すると下がりますが、医師としては決して低くはないでしょう。

泌尿器科医の働き方は?

内科や外科ほど患者数が多いわけではなく、比較的余裕を持った勤務をすることができます。

手術もありますが、緊急手術になるようなことはなく、予定は立てやすい診療科です。

転職する際のポイント

求人数が少ない、平均年収が低いなどの理由ですぐに転職をあきらめるのでなく、気長に求人を探し続けることが転職を成功させるコツです。

忙しい中、毎日求人をチェックすることは難しいかもしれません。

忙しい方ほど、専属の転職エージェントの活用がおすすめです。

現状の勤務内容、勤務に対する不満・悩み、自身のニーズなどを事前に相談しておくことで、希望に沿う求人があった際に、エージェントから連絡が入ります。

転職を検討される方は、まずは転職エージェントにご相談ください。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼