心療内科医の平均年収はいくら?

最終更新日:2018.05.28
心療内科医の平均年収はいくら?

心の病を訴える患者が急増し、ニーズが高まっている心療内科。

心療内科医は都市部に集中する傾向があり、地方では心療内科医が不足しています。

心療内科医の年収はいくらでしょうか。

心療内科医の年収の推移

心療内科医の平均年収は弊社サービス「Dr.転職なび」の求人情報などから約1,500万円と推察されます。

「Dr.転職なび」の掲載求人での心療内科医の年収上限の分布図になります。

心療内科 年収上限

年収2,000万円を上限とする求人は、全体の43%と他の診療科に比べると多いです。

年収1,401万円~1,600万円を上限とする求人も43%あり、転職での年収アップが期待しやすい診療科です。

次に心療内科医の年収下限の分布図を見ていきます。

心療内科 年収下限

年収1,000万円以下を下限とする求人が50%と半数あります。

年収1,201万円~1,400万円と年収1,401万円~1,600万円を下限とする求人も多いです。 

心療内科医の働き方は?

仕事内容は、勤務先で大きく異なります。

無床クリニックか、100床のベッドを抱えている病院かという規模に加え、仕事内容も在宅診療、病棟管理、当直の有無などさまざまです。

夜間や休日診療をしている病院もあり、シフト制で働くこともあります。

日勤のみの勤務を希望する人は、無床クリニックや、病床数の少ない病院を選ぶのが良いのでしょう。

心療内科医の転職のポイント

心療内科医は高年収の求人が提示されることも珍しくないですが、

過疎地での勤務や24時間体制のオンコールなど、ハードな勤務を求められることもあります。

年収だけで判断せず、転職エージェントを通して、詳しい勤務内容や環境を確認することが重要です。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼