神経内科医の平均年収は?

最終更新日:2018.06.19
神経内科医の平均年収は?

 

神経内科医の年収

神経内科医の平均年収は、弊社サービス「Dr.転職なび」の求人情報などから約1,500万円と推定されます。

こちらは「Dr.転職なび」の掲載求人の年収上限額の分布図です。

神経内科 年収上限

年収2,000万円以上を上限とする求人が、全体の38%を占めます。

次に多いのは年収1,601万円~1,800万円を上限とする求人で32%です。

神経内科医は比較的高年収を目指すことができますが、年収に幅が出やすい診療科と言えます。

年収下限額を見てみましょう。

神経内科 年収 下限

年収1,000万円以下を下限とする求人が最も多く、47%あります。

一方で、年収1,401万円~1,600万円を下限とする求人が26%あります。

この結果からも、神経内科は年収に差が出やすい診療科と言えます。

次に地域別の平均年収です。

神経内科 地域別平均年収

他の診療科に比べ、地域であまりバラつきがないのが特徴です。

北海道の平均年収は、神経内科医の平均年収である1,500万円以上となっており、年収アップを目的とした転職であれば北海道の求人を探すのもひとつの手です。 

最後に地域別の求人数割合です。

神経内科 地域別求人数

求人数は関東地域が全体の29%と最も多く、関西、中部、九州と続いています。

北海道地域は平均年収は高いですが、求人数は全体の3%しかありません。年収以外の条件で希望に合った求人を見つける事は簡単ではないかもしれません。

神経内科医の働き方は?

神経内科医が働く場所は、主に脳神経外科系病院かリハビリテーション病院です

必要なスキルはそれぞれで異なり、途中でキャリアを方向転換することは難しいと言われています。

脳神経外科系病院や急性期病院では、専門医の資格や神経難病などの症例数などが求められます。ALS、パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかんなどの専門の医師は転職に有利になります。

リハビリテーション病院や療養型病院、在宅医療などは、高齢化により脳血管障害や認知症に伴う機能障害を持つ患者の増加で、求人が増えています。

リハビリテーション病院での採用は、リハビリ管理以外にも一般内科の対応が可能かどうかを重視します。急性期病院のように当直やオンコールはなく、QOLを重視したい医師に合う職場です。 

また、地域医療の一つとして推進されている在宅医療に対応するために、さまざまな医療機関が在宅医療部門を立ち上げ、老健施設、高齢者住宅などの訪問診療なども増加しています。

開業医は多くはありませんが、首都圏や都市部で開業する場合は、画像センターなどがあるため、自前でCTやMRIを導入する必要はありません。電子カルテとリハビリ用器具などの医療機器を導入すれば開業は可能です。

転職や開業準備のための仕事探しを検討されている方は、ぜひ医師専門エージェントにご相談ください。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼