消化器内科医の年収は?転職のコツ教えます

最終更新日:2018.06.18
消化器内科医の年収は?転職のコツ教えます

消化器内科医の年収は?

形成外科医の平均年収は、弊社サービス「Dr.転職なび」の求人情報の提示年収などから、約1,500万円と推計されます。

こちらは、「Dr.転職なび」掲載求人の消化器内科医の年収上限の分布図です。

消化器内科 年収上限

年収1,401万円~1,600万円を上限とする求人が33%と最も多いです。

年収2,000万円以上を上限とする求人も31%あります。

とはいえ、年収2,000万円以上を得る医師は、長い勤続年数や豊富な臨床経験数、最先端の医療スキルがある方がほとんどです。 

次に地域別の消化器内科医の平均年収を見ていきます。

消化器内科 地域別平均年収

東北・中国地域の平均年収は、消化器内科医全体の平均年収である1,500万円を下回っています。

一方で北海道地域は1,600万円を超えています。

大幅な年収アップを目指す方は、北海道地域での転職も一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

最後に地域別の求人数割合を見ていきましょう。

消化器内科 地域別求人数割合

首都圏に求人が集中していますが、他診療科に比べると比較的求人が分散しています。

当直回数やオンコールの有無、休日勤務など年収以外を重視するのであれば、求人が集中している都市圏が選択肢が豊富です。

 

消化器内科医の求人をご紹介します

では、実際の求人の内容を見てみましょう。

以下は弊社サービスサイト「Dr.転職なび」に掲載されている消化器内科の求人の一部になります。

  • 東京都/消化器内科/外来・病棟管理・上下内視鏡の勤務/若手医師歓迎
  • 神奈川県/消化器内科者/外来・病棟管理・上下内視鏡の勤務/消化器センターでの勤務
  • 埼玉県/一般内科・消化器内科/年収上限2,000万年以上/入職お祝い金贈呈
  • 埼玉県/消化器内科/外来・病棟管理・内視鏡の勤務/専門医資格取得可能

QOLを重視した求人、高年収を売りにした求人、他科目からの転科・スキルアップが出来る求人などさまざまなものがあります。

消化器内科医は患者数が多く、医療機関は常に医師を募集しています。希望に沿う求人が見つかりやすい診療科です。

 

年収に幅がある背景

消化器内科は、患者ニーズが高く、医療機関側からみればなくてはならない科目です。

そのため、消化器内科医が不足している医療機関は、若干高めの年俸だとしても採用を優先させることが多く、給与が高めに設定された求人も多くあります。

そのため、他科に比べて高めの平均年収になります。

ただし、消化器内科は医師が多いため、都市部など医師が集めやすい医療機関は、給与が低めに設定されます。

エリアによって年収の幅が大きい科目と言えます。

消化器内科の働き方は?

消化器内科は求人の多い診療科です。

一般病院からケアミックス、クリニック、健診機関、老健施設、リハビリテーション病院や在宅医療など働く場は幅広く、働き方も様々です。

大規模で専門性の高い病院では、体制強化のための増員の求人になり、倍率が高い傾向にあります。

中小規模の民間病院や地方の公的病院、リハビリテーション病院、精神科病院などは、経験はあまり問われませんが、一般内科として総合的な診療を求められることが多いです。

仕事内容は、病棟管理の割合が大きく、幅広い対応を求められます。

クリニックでの勤務は、当直やオンコールなどが無いため、QOLを重視したい医師や、開業前に経営に関するノウハウを学びたい医師におすすめです。

しかし、院長と常勤医1名という少人数体制のクリニックが多いため、求人数は比較的少ないです。

消化器内科医の年収は、医師の年齢や病院の規模、勤務内容などで大きく変動します。

転職を検討されている方は、ぜひ一度医師転職エージェントにご相談ください。 

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼