消化器内科の年収は?消化器内科の転職のコツ教えちゃいます

最終更新日:2017.09.05
消化器内科の年収は?消化器内科の転職のコツ教えちゃいます

消化器内科医は、食道から肛門までの消化管と、それに関連する肝臓、膵臓などの内臓等、幅広い領域を治療する診療科目ですが、消化器内科医の年収はどれ位なのでしょうか。

またどのような仕事内容なのでしょうか。詳しく調べてみました。

まず、消化器内科医の年収はいくら?

形成外科医の平均年収は弊社サービス「Dr.転職なび」の求人情報等から約1,500万円であることが分かりました。

こちらのグラフをご覧ください。弊社サイト「Dr.転職なび」の掲載求人の形成外科医の年収上限の分布図になります。

消化器内科 年収上限

年収1,401万円~1,600万円を上限とする求人が33%と最も多いことが分かりました。

消化器内科医の平均年収が1,500万円と非常に近いため、転職によって平均年収程度までの年収UPであれば見込めるのではないでしょうか。

年収2,000万円以上を上限とする求人も31%と多く、消化器内科医として年収2,000万円以上を目指すのは不可能ではないことが分かります。

しかし、年収2,000万円以上を稼ぐ医師は全体的に見て非常に少なく、長い勤続年数であったり、豊富な臨床経験数、最先端の医療スキルを保持していたりなど特別なステータスをお持ちの方がほとんどです。

したがって、消化器内科医として平均年収以上である2,000万円以上を稼ぐのは不可能ではないが、非常に難しいでしょう。

 

次に知地域別で見た消化器内科医の平均年収を見ていきます。

消化器内科 地域別平均年収

こちらから、地域によって平均年収に一部バラつきがあることが分かります。

東北・中国地域に関しては消化器内科医の平均年収である1,500万円を下回っており、こちらの地域での転職は大幅な年収UPを見込めないかもしれません。

北海道地域は平均年収が1,600万円を超えており、大幅な年収UPをしたいとお考えの方は北海道地域を重点的に求人をお探しになると良いかもしれません。

 

最後に地域別で見た消化器内科医の求人数割合を見ていきましょう。

消化器内科 地域別求人数割合

こちらのグラフから、やはり首都圏に求人が集中しているが、他診療科に比べて比較的求人が分散しています。

上記の地域別で見た平均年収のグラフから東北・中国地域以外の全ての地域が平均年収1,500万円以上であるので、転職によって年収が極端に下がるようなケースはあまりないでしょう。

当直回数やオンコールの有無、休日勤務などQOLの部分を重視するのであれば、求人が集中している都市圏でお探しになるのがオススメです。

 

以上、消化器内科医の年収について弊社サービスの求人情報をはじめ、紐解いてきました。

しかし、これらのデータが全てではなく、年代や勤務先の病院の規模、勤務内容などで大きく給与は変動します。

地域での医師偏在も大きく関連するでしょう。勤務内容は非常に濃い代わりに年収が非常に高くなるなど、実際の転職時は求職者のステータスに合わせて掲示年収は変動します。

自身が転職する場合、どれほど年収UPを見込めるのかといったことを知りたい方は一度医師転職エージェントにご相談してみてはいかがでしょうか。

 

消化器内科医の求人をご紹介します

消化器内科医の平均年収をご紹介してまいりました。では実際の求人はどのような内容となっているのでしょうか?

掲示年収や勤務内容、どれだけQOLが確保されているのか紐解いていきたいと思います。

以下は弊社サービスサイト「Dr.転職なび」に掲載されている消化器内科の公開求人の一部になります。

この他にも多くの公開求人をご用意しており、公開求人数を超える非公開求人も取り揃えております。

希望に合う求人が見つからない場合はまず、弊社エージェントにお問合せ下さい。先生方も希望に沿うような求人をご紹介致します。

以上の求人をご覧になって頂けるとよく分かりますが、QOLを重要医した求人、高年収を売りにした求人、専門医資格取得などの他科目からの転科・スキルアップが出来る求人など多岐に渡った求人が掲載されております。

消化器内科医は患者数が多い診療科のため、常に医療機関は医師を募集しています。

この機会にぜひ、消化器内科医での転職をお考えになってみてはいかがでしょうか。

 

消化器内科医の年収を他診療科と比較すると

消化器内科は、患者ニーズが高く医療機関側からみれば、経営的になくてはならない科目です。

そのため、消化器内科医が不足している医療機関は、若干高めの年俸だとしても採用を優先させることも多く、給与が高めに設定された求人も多くあります。

平均値をとれば、他科に比べて高めの年収になるという結果がでます。

ただし、消化器内科医は従事する医師も多いため、医師が容易に集められる医療機関=都会の医療機関は、採用に苦労することもないので、給与が低めに設定されます。

そのため、エリアによって年収の差が出やすい科目と言えます。

 

消化器内科の実際の働き方はどんな感じ?

消化器内科は求人の多い診療科になります。

一般病院からケアミックス(一般病床と療養病床を併せ持つ)の病院やクリニック、検診機関、老健施設、リハビリテーション病院や在宅医療などニーズに多様性があり、施設によって働き方も様々です。

大規模で専門性の高い病院では、体制強化のための増員の求人になり、倍率が高い傾向にあります。

中小規模の民間病院や地方の公的病院、リハビリテーション病院、精神科病院などは、経験はあまり問われませんが、一般内科として総合的な診療を求められることが多く、仕事内容としては、病棟管理の仕事の割合が大きくなり、幅が広い対応を求められます。

クリニックでの勤務は、当直やオンコールなどが無いため、QOLを重視したい医師や、開業前に経営に関するノウハウを学びたい医師にお薦めだと言えるでしょう。

しかし、院長と常勤医一名という少人数体制のクリニックが多いため、他の病院と比較して求人数は少なく、病院とはまた違った対応が求められるようです。

消化器内科医の働き方や具体的なキャリアパスについてまとめた記事もございますので、もしよろしければご覧になってみてください。

消化器内科医が年収2000万円を目指すには

がん患者増加の影響で、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医のニーズが高まっているため、専門医の取得が転職の際、有利になるでしょう。

専門医の資格取得のためには、消化器病関連学会または、日本消化器内視鏡学会の認定施設で勤務する必要があります。

出来る限り症例数の多い病院を選び、多くの症例を見ることにより、早く専門医の資格を取得することが出来ます。

消化器内科医が高年収を得るにはクリニックよりも大学病院で勤務するのが最も良いとご紹介しました。

しかし、年収2000万円以上の消化器内科医の求人は全くないわけではないですが、非常に稀であり、現状では難しいと言えるでしょう。

年収2000万円以上にもなると、勤務内容もそれなりの対価を求められることほとんどでしょう。都心ではなく離島や地域に医療機関がいない過疎地などが例として挙げられます。

その場合、消化器内科医としてのスキルのみでなく、様々な症例に幅広く対応出来るスキルが求められることが予想されます。

このように消化器内科医で年収2000万円を稼ぐには相応の労力を求められることがほとんどかもしれません。

消化器内科医は施設によって働き方も様々であるため、QOLを重視したいのか、スキルを磨き専門性を高めていきたいのか、開業したいのかなどの将来を見据えて選択する事が大切になります。

本記事の情報を少しでも参考にして頂ければ幸いです。

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

あなたの適切な年収相場を調べる▼