産婦人科医の平均年収は?

最終更新日:2019.06.17
産婦人科医の平均年収は?

産婦人科医の平均年収

産婦人科医の平均年収は弊社サイト「Dr.転職なび」の求人情報などによると、約1,500万円と推定されます。

こちらは、「Dr.転職なび」の掲載求人の産婦人科医の年収上限の分布図です。

産婦人科 年収 上限

年収1,400万円~1,600万円を上限とする求人が43%あります。

年収2,000万円以上を上限とする求人も34%と多いです。 

産婦人科医の年収下限の分布を見てみましょう。

産婦人科 年収 下限

求人の42%が、年収下限を年収1,000万円以下に設定しています。

次に年収1,401万円~1,600万円の求人が25%と多いです。

現在年収1,000万円前後の方は、経験や条件にもよりますが、転職によって年収アップすることはそれほど難しくないといえるでしょう。 

次に産婦人科の地域別の平均年収です。

産婦人科 年収

北海道と中部の平均年収が2,000万円となっており、高年収を目指す場合は北海道や中部の医療機関へ転職するのも一つの手でしょう。

地方の求人で年収が高い場合、多くは背景に医師不足があります。

高年収な求人は業務量が多いことも考えられますので、転職するときは年収だけで決めずに、勤務環境をよく確認することをおすすめします。 

最後に地域別の求人数の割合です。

産婦人科 地域別 求人数

関東が31%と最も多く、続く中部は27%となっています。

希望する勤務条件になるべく近い求人を探す場合は、求人数が多い地域が探しやすいでしょう。

北海道は4%と非常に少ないです。高年収ではありますが、希望に合う求人を見つけるのは簡単ではないかもしれません。

中部は、関東の次に求人数が多く、年収も高いのが特徴です。希望条件に合う求人が見つけやすく、年収アップも期待できます。

開業医と勤務医の年収や仕事内容の違いは?

開業医の場合は産科・婦人科を両方行うケースと、婦人科のみにしている場合があります。

産科・婦人科の両方を行う方が年収は高くなる傾向にあります。

開業医の場合は年収として2,000万円以上得ているケースがありますが、開業資金にも2,000~3,000万円程度かかります。

勤務医の場合、大学や国公立病院は年収2,000万円以上の求人が6割弱あるものの、600~1,000万円未満が2割強、600万円未満と1,400~2,000万円未満が1割強あり、二極化していると言えます。

民間病院の年収は2,000万円以上が4割強、1,400~2,000万円未満が3割強、1,000~1,400万円が2割強です。

クリニックは1,400~2,000万円未満が4割強、2,000万円以上が3割強、600万円未満が2割弱となっています。

産婦人科医の働き方はさまざまです。

転職をご検討されている方は、医師専門の転職エージェントにご相談ください。

ご希望条件に合う求人を提案させていただきます。

▼▼産婦人科の医師求人を見てみる▼▼

https://tenshoku.doctor-navi.jp/jobs/sanfujinka

 

キャリアに応じた年収、得られていますか?
あなたの適切な年収相場、弊社エージェントがお教え致します。

年収アップの転職を検討する▼