エージェントって何?紹介会社って何?

最終更新日:2017.09.07
エージェントって何?紹介会社って何?

今ご覧いただいているWebサイトの名称は「M.STAGE Agent」といいます。当コラムの中でも「紹介会社」「エージェント」という単語をよく使っていますが、今回はそもそも紹介会社とは、エージェントとは何か…というお話です。

「本当に紹介会社?」と不安を覚えたときは…

ここでいう「紹介会社」は、職業紹介事業を行う人材紹介会社を指します。

職種を限定せず営業職からデザイナーまで幅広く紹介を行う会社もあれば、弊社エムステージのように医師に特化した紹介会社もありますが、いずれにしても職業紹介事業を行う場合は、事前に厚生労働大臣の許可を受けなくてはなりません。

万が一「本当にこの会社は、紹介会社なのだろうか」と不安を覚えたときは、まず会社のホームページ等で厚生労働大臣許可番号が記載されているか確認してみてください。

 

紹介会社の特徴に合わせてメリットも変わる

それでは、紹介会社を利用するメリットとは、何なのでしょうか?

まず「縁故や直接応募よりも、選択肢が広がる」という点、そして転職に関して「医療機関との交渉の一切を任せられる」という点があります。

また、例えば情報収集力が強みの弊社では「医療機関と医師との間にある情報格差を埋める」ことを重視しているように、その会社の強みと密接に関係するメリットもあります。

紹介会社を選ぶ際は、先生のご希望とその紹介会社の特徴が合致しているかを意識すると、ご自身にメリットの大きい会社を選べるのではないでしょうか。

 

会社の方針やエージェントの性格で進め方が変わる?

ここでいう「エージェント」とは、人材紹介会社のキャリアプランナーのことです。キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザー、リクルーティングアドバイザー等と呼ばれることもあります。

エージェントの仕事は、一言でいえば「医師の希望やキャリアに合った医療機関を紹介する」こと。しかし、実際の業務は多岐に亘り、紹介会社の方針やエージェントの性格によって仕事の進め方に大きな違いが出ることもあります。

例えば、弊社の場合「真面目にコツコツ、裏付けのある情報提供をする」という姿勢はどのエージェントにも共通することですが、そのうえでさまざまなタイプのエージェントが揃っています。

 

本音をお聞きするために、自分もさらけ出します

例えば、首都圏エリアで非常勤担当の吉屋の場合は、良くも悪くも割り切ることが苦手なタイプ。転職のご相談を受けた先生と仲良くなることが多い、名物エージェントのひとりです。そんな吉屋に先生と仲良くなる秘訣を聞いてみると…

「クレバーなやり方ができないので、逆に頑張っている感じが伝わるのかもしれません。先生からは“レスが早い”“遅くまで頑張っているね”と声をかけていただくことが多いです。不器用だから応援されているのかも…。心がけているのは、先生が思っていることを話しやすい雰囲気づくり。自分のことも洗いざらい話します。本音が聞けなくても求人の紹介はできますが、“良いマッチングができた!”と思うときは、先生に心を開いていただいたときが多いんです」

 

「調べきった」という先生の納得感を大切に

一方首都圏エリアで常勤担当の上野は、冷静に仕事を進めるタイプ。誠実な仕事ぶりに定評があり、取引先の事務長が「この人と仕事をしたい!」と弊社に転職したというエピソードの持ち主です。では、上野が心がけていることは何なのでしょうか?

「医師という職業は、エビデンスを基に判断しますよね。そこで転職という節目でも、先生が後悔しない選択をするために、納得いくまで調べて情報をご提供することを心がけています。ちょっと気になる病院があると聞けばその病院について調べますし、不安が残る場合はその原因を考えて情報を集めます。常に冷静に判断材料を揃えるのが私の仕事で、転職のご判断は先生に委ねています。無責任なことは言えません。先生が“やりきった”という納得感を得て転職していただくことをゴールにしています。なので、数年後に先生が活躍している姿を見ると、本当に嬉しいですね」

\いまの年収に満足していますか?/

年収1,800万円以上、高額求人多数!
希望の条件で、まずは検索!

検索はこちらから