求人票だけでは見えない事情に迫るには…?

最終更新日:2017.09.07
求人票だけでは見えない事情に迫るには…?

転職先の医療機関を探すうえで、求人票の情報はとても大切です。しかし、それだけでは全てを判断できないのも事実。求人票の内容に誤りはないのに、入職後に違和感が拭えず、転職せざるを得ないケースも…。今回は、そうした「違和感のある転職」に陥らないためのポイントをご紹介します。

面談で違和感を覚えたら、立ち止まってみる

転職の場合でも定期非常勤のアルバイトの場合でも、求人票をきちんと確認するところからスタートすることに変わりはありません。

勤務日、勤務地、携われる医療レベル、繁忙度などなど…気になる条件は多岐にわたると思いますが、大抵の情報は求人票に落とし込むことが可能なものなので、面倒くさがらずにチェックしておくことで後々のトラブルを避けられます。

しかし、それでも採用面談後に「思っていたのと何か違う」となることも多いもの。そんな風に面談で違和感を覚えた場合は、一旦そこで立ち止まってみることが重要です。

 

面談前に、インタビュー記事をチェック

こうした違和感は、箇条書きにはしにくい情報、たとえば一緒に働く医師やスタッフとの「考え方」の違いから生まれやすいもの。特に、医療機関の理事長や院長の「医療に対する理念」が、先生ご自身の理念と合わないケースが多く見受けられます。

このとき、求人票に提示された条件面だけを重視して、ご自身の違和感を無視して転職してしまうと、いわゆる「転職のミスマッチ」が起きて、結局また転職活動をする…ということになりかねません。

では、「医療に対する理念」は、採用面談でしか判断できないのでしょうか?

そんなことはありません。採用面談でしっかり確認する必要はありますが、理事長や院長のインタビュー記事などから事前に理念を知っておくことは可能です。

新聞や雑誌、医療情報サイトに掲載された理事長や院長のインタビューがあれば、ぜひ目を通してみてください。弊社が運営する「Dr.転職なび」では、求人票の一部に「トップインタビュー」というタブを設けて、院長の考え方などを紹介している医療機関もあります。

 

時間のないとき、迷ったときは、エージェントを上手に活用

また、同じような求人票の内容でも、実際に働いてみると環境が全然違うということもあります。たとえば、同じ「地域の救急病院」という立ち位置で医療を行っていても、周辺に救急診療に対応する医療機関が他にあるかないかで、忙しさの度合いは変わるもの。

これは、都道府県ごとに公表されている「医療機能情報」を確認しておくことで、ある程度の予測をたてられます。

どういう地域のどんな病院なのかという大枠を押さえたうえで、その科目や求人票を捉えてみると、求人が立体的に見えてくるかもしれません。

とはいえ、「情報収集している暇はない」「条件と理念の折り合いのつけ方がわからない」「漠然とした希望はあるが、条件に落とし込めない」というときは、紹介会社のエージェントを活用することをおすすめします。そうしたご相談にのるためにエージェントがいるので、迷ったときにはお気軽にお声がけください。

\いまの年収に満足していますか?/

年収1,800万円以上、高額求人多数!
希望の条件で、まずは検索!

検索はこちらから