【求人票のここに注目!】「募集背景」から「未来」を読み解く!

最終更新日:2017.09.07
【求人票のここに注目!】「募集背景」から「未来」を読み解く!

今年は、全国的に平年より早めの梅雨入りのようですね。すっきりしないお天気につられて心もモヤモヤ、転職活動がはかどらない…という日はないでしょうか。そんなときは、無理に動き回ろうとせず、じっくり「求人票」と向き合ってみるのもおすすめです。

ダメ!絶対!読み流すと危険な「募集背景」欄

今回は、求人票の「募集背景」に注目してみましょう。流し読みをしている方が多い「募集背景」ですが、この採用を通じて成し遂げたい「その病院の未来の姿」が隠れています。

例えば、「もう少しゆとりを持った勤務をしたい」と考えた外科の先生が、比較的小規模の病院への転職を検討しているとしましょう。

その先生は、オペ数や入院患者数の情報を見て「この病院は理想的な規模だ」と判断しました。しかし、病院側が実は「もっと体制を強化して、オペ数も患者数も倍に増やしたい」と考えていたら、どうなるでしょうか。先生が夢見ていた「ゆとりを持った勤務」を実現するのは、難しいに違いありません。

こうしたミスマッチを避けるために欠かせない「病院の展望」が書かれているのが、「募集背景」欄なのです。

 

キャリアビジョンと病院の未来像は、ちゃんと重なる?

私ども紹介会社のエージェントは「医療機関が思い描く未来の姿と、医師の目指すキャリアが合致すること」こそ、転職成功の秘訣だと考えています。

そこでおすすめしたいのが、ご自身のキャリアビジョンと医療機関の未来像が重なるかどうかを確認しながら「募集背景」を読み込むことです。

例えば、「近い将来、マネジメントを経験したい」と考えている先生は、「院長候補や部長候補を招聘したい」という背景を持った医療機関や「新しい科を立ち上げるため」という背景を持った求人を探すと良いでしょう。

「症例数を積みたい」という先生は、「患者数増加による体制強化を考えている」という医療機関や、恒常的な欠員を埋めるための求人に注目してみてください。

いずれの場合も、ご自身が入職された後に、医療機関の勤務体制がどのように変化するかを想像することが重要です。

 

まずは「募集背景」を確認するところから、スタート!

弊社が運営する「Dr.転職なび」では、求人票の目立つ位置に「募集背景」を表示しています。検索一覧画面でも表示されるようになっているので、まずは「募集背景」を参考にして求人を選ぶ、ということもできます。

「募集背景」が書かれている求人票からは、医療機関が採用にかける熱意だけでなく、紹介会社と医療機関との信頼関係の度合いも透けて見えてきます。求人票のために用意しなければいけない「募集背景」は、紹介会社と医療機関の関係の強度を測るバロメーターでもあるのです。

\いまの年収に満足していますか?/

年収1,800万円以上、高額求人多数!
希望の条件で、まずは検索!

検索はこちらから