求人票だけで比べない!インタビュー記事が転職先選定に重要な理由

最終更新日:2017.09.07
求人票だけで比べない!インタビュー記事が転職先選定に重要な理由

給与・勤務日数・携われる医療レベル・通勤時間などなど…

転職やアルバイト探しの際、こだわる条件の項目は多岐に渡りますが、大抵の情報は書面上に表すことが可能なもので、エージェントが間に立てば採用面談時に情報の齟齬が発生することは防げます。

しかし、書面に落とした条件面がいかに医師の希望に合致していたとしても、採用面談後「思っていたのと違っていた!」となることも多々…。

それは、なかなか書面に落とし込みにくい情報、一緒に働く先生との「考え方」の齟齬で発生することが多いです。

特に医療機関の理事長が考える「医療に対する理念」が合わない場合。

理念の合わない医療機関での勤務は、なかなか長続きもしませんし、医師・医療機関双方にメリットもなく、医師・医療機関双方からお断りの返事が来ることもあります。

ただ、こういった「医療に対する理念」の部分を気にせずに転職先やアルバイト先を選んでしまう先生も多いのが実情。
採用面談時に気付いて採用には至らないことが多いですが、入職してから気づいてしまった場合は、もう一度転職活動をしなければならない羽目にもなりかねず、注意して確認しなければならない項目と言えます。

では、「医療に対する理念」は採用面談でしか判断できないのでしょうか?

実際のところは、採用面談でしっかり確認する必要はありますが、理事長のインタビューなどで、事前に理念を知っておくことは可能です。

例えば、先日joy.netに紹介したこちらの記事

医療法人財団天翁会の理事長明石のぞみ先生のインタビューを通して、天翁会の理念を知ることに役立ちます。

特に地域医療へ貢献したいという想いの強い先生や、育児と仕事を両立したいという考えの先生にとっては、この記事を読むことで明石先生と一緒に働きたいと思うのではないでしょうか?

このようにインタビュー内から読み取れる理念と自分の考え方が合致するかを考えて、応募するかどうかを判断する材料となります。

条件面だけでの比較になりがちな転職活動ですが、上記のようなインタビュー記事に目を通して、「医療に対する理念」まで理解して応募することも重要です。

上記のjoy.netだけでなく、Dr.転職なびでも医療機関の理事長のインタビューを掲載していう求人もありますので、一度インタビュー記事に目を通してみてはいかがでしょうか?

\いまの年収に満足していますか?/

年収1,800万円以上、高額求人多数!
希望の条件で、まずは検索!

検索はこちらから