事例紹介

留学から帰国後の転職先選びをエージェントに相談(30代 男性 精神科)
2015.09.13

海外留学後の転職先選びで、以前も担当したエージェントに依頼された先生の転職体験談です。


【Q1】 転職を考えた理由お聞かせください

一旦退職して海外へ留学してて、帰国後の就職として。以前も大学病院の退職を決意した際、次の就職先を探した経験があり、転職に抵抗がなかったです。


【Q2】 転職活動中、どのような勤務スタイルを希望されていましたか?

共働きで家事など家庭の時間も確保したかったので、労働環境を第1に考えました。


 【Q3】 エージェントに相談して良かったと思うことをお教えください

 

精神科病院でも力を注ぐ分野など特色に違いがあり、多数の候補を頂いた上で勤務内容など一緒に検討できたのが良かったです。


【Q4】 転職前と比べてワークスタイルやライフスタイルはどのように変化しましたか?

平日夕方以降や週末に自分の時間がしっかり確保できました。今回勤務前は無職の状態でしたが、常勤勤務をスムーズにできています。


【Q5】 担当したエージェントの対応について、ご意見・ご感想をお願い致します

以前も担当頂きましたが、対応が早く色々と相談できました。前回就職後連絡をほとんど取ってなかったにも関わらず、今回も親身になって、早めに就職先を決めることができました。

この事例は が担当しました

大阪支社
常勤担当

【給与にこだわる】給与と勤務内容に整合性はありますか?2016.04.06

「数年後に開業を考えている」「子供の教育を充実させたい」などの理由から、転職先を決める上で給与が重要なファクターになることがあると思いますので、本日は、比較的給与水準の高い求人を3件ご提案いたします。 但し、給与が高い求人を選ぶ際に気を付けていただきたいことがあります。続きを見る

【症例数にこだわる】麻酔科特集①2016.03.05

大阪支社では麻酔科の紹介に力を入れており、私自身も何人もの麻酔科の先生の転職を手伝ってきました。 その結果、麻酔科求人の量と情報の質ともに非常に充実したものになっています。続きを見る

クリニックではなく、病院在宅部門の立ち上げ求人です2016.02.03

本日は、病院在宅部門の立ち上げ求人のご提案です。続きを見る