事例紹介

毎日家族との時間が取れる生活に(30代 男性 循環器内科)
2015.09.13

転職されるまでは、大学病院でハードなご勤務をされていた先生が、第1子出産を機に転職を決意。
エージェントに相談して良かったことや、転職前と現在の仕事の変化について教えてくださいました。

Q1 転職を考えた理由お聞かせください

A ライフステージの変化(第1子出産)、自身の体調など。
  またちょうど担当していた業務の区切りがついたため。

 

Q2 転職活動中、どのような勤務スタイルを希望されていましたか?

A オンオフがはっきりとしていて、時間外業務が無いこと

 

Q3 エージェントに相談して良かったと思うことをお教えください

A 今まで知らなかった日本の医科グループ・系列病院のことや、同年代の平均的な勤務内容・報酬などを教えて頂けたこと。なにより初めての転職を手取
り足取り導いてくれたこと。

 

Q4 転職前と比べてワークスタイルやライフスタイルはどのように変化しましたか?

A 転職までは大学病院の循環器内科カテーテル担当グループに属していたため、当直以外にも24時間365日オンコール(ある程度の勤務割はありますが)で、気の休まることが少なかったのですが、今はほぼ毎日家族と食事をとり、子供を風呂に入れて、休日には子どもと公園で遊ぶなどと充実した子育てライフを過ごしています。残念ながら子供が小さく(第2子も生まれました)、趣味の外食・ワインを楽しめるのはまだ先になりそうですが。

この事例は 上野 太輔 が担当しました

上野 太輔
東京本社
常勤担当

高額の婦人科系求人をご案内いたします。2018.02.27

比較的、高額の案件が多い婦人科系求人をご紹介します。 女性全般の悩みに対し、その不安を解消するかかりつけのレディースクリニック、分娩中心の地域の周産期医療を担っている産婦人科病院など、施設別でご提案します。続きを見る

ご自身のキャリアアップのために/症例数の多い求人をご案内いたします。2018.02.21

キャリアアップを目的としている先生方の中には、現在所属の病院では症例数が不足していると感じていらっしゃる先生も多くおられます。 症例数は先生方にとってもご自身のスキルをアピールする材料となります。 また、資格取得などに直結する部分もあり、先のキャリアをお考えの先生方の指標になってきます。続きを見る

精神保健指定医の取得を目指す先生、歓迎です。2018.02.21

精神科の先生方にとって、指定を持っているかいないかで大きく仕事内容が変わります。 タイミングによって取得を逃した先生方へ、今回は今からでも取得可能な常勤先をご紹介いたします。 指定医を持っているのと持っていないのとでは、待遇に大きな差がでたり、また仕事内容が制限されたり そんな話を精神科の先生方から聞くこともあります。続きを見る